オンラインカジノ攻略法の研究

●2017年11月最新オンラインカジノで稼ぐ方法●

最終更新日2017/11/18

 

 

 

 

●2017年11月最新オンラインカジノで稼ぐ方法●

 

■■世界中のカジノ好きに送る ■■

 

 

 

2007年3月から今まで私が実践して来て実際に大きな利益が出ている方法を紹介します。

 

私が1ヶ月2000ドル(約20万円)以上稼いだ方法です。

 

多い時には、最高一日で1000ドル(約10万円)稼いだことがあります。

 

2009年6月には月収1万ドル(約100万円)突破しました。

 

2016年7月は5000ドル(50万円)突破。

 

 

 

あなたも是非これで稼いでください。

 

自分で試して稼げたらこのページをお知り合いの方にも紹介してあげてください。

 

オンラインカジノ攻略法の研究

 

「オンラインカジノ」と聞いて、

 

「怪しい!!」と思った方すいません。

 

 

 

そう思われた、あなたの感性は正しいです。

 

それが普通です。

 

 

 

でも、

 

オンラインカジノは普通の常識を超えた存在なのです。

 

 

後でご説明するように、カジノは還元率という点で、

 

他のギャンブルと比べて常識を超えているのです。

 

 

だからこそ、私の手元には毎月のように現金が届くのです。

 

だから、ぜひこの情報をちゃんと最後までお読みください。

 

人生が激変しますよ!

 

 

他で出回っている似たようなサイトの情報とは違います!!

 

 

格段に稼げるように工夫改良してあります。

 

ここでしか見られない特別な情報をも公開しています。

 

 

どのくらいスゴイかというと・・・・・。

 

実はこのサイトで紹介している、いくつかの攻略法は、

 

情報商材販売サイトやネットオークションなどで高額で取引されているものです。

 

 

で、それらの攻略法を有料で販売している方からクレームが来てしまうのです。

 

それはそうでしょう。

 

 

数万円で取引されている情報を、

 

無料で公開してしまっているのですから。

 

 

 

そのおかげで、私はインターカジノ

 

インペリアルカジノのルーレット、

 

ブラックジャック、バカラで稼がせてもらっています。

 

カジノに入金したのは、最初の500ドル(5万円)一回だけ。

 

あとは一度も入金したことないんです。

 

毎月勝利金額は2000ドル(約20万)円くらい。

 

少ないと200ドル(2万円)くらい。

 

0という月もありましたが、マイナスになった月はごくわずかです。

 

 

最高は月1万6千ドル(約160万円)です。

 

私の仲間うちでの最高金額は500万ドル(約5000万円)という人がいます。

 

他に100万ドル(約1000万円)稼いだ人は2人います。

 

数百万、数十万クラスならゴロゴロいます。

 

 

なぜ、負けないのか?

 

それは、ある攻略法とベットシステムとセルフマインドコントロール法があるからです。

 

これからそのことをゆっくりご説明します。

 

 

 

オンラインカジノ?

 

ネットカジノとかインカジなどと呼ばれることもあります。

 

そう、日本にいながら本物のカジノを楽しむことができるサービスのことです。

 

もちろん、本当にお金を賭けて稼ぐことができるのです。

 

 

カジノって禁止では?

 

と、あなたはきっと思ったはずです。

 

確かに日本国内でのカジノは一切禁止です。

 

 

でも、オンラインカジノは、経営自体海外で行っています。

 

もちろん各国政府の許可を受けて営業しています。

 

 

日本からオンラインカジノをプレイするのは、

 

あなたがラスベガスへカジノをしに行くのとほぼ同じであると、

 

「とりあえず」現行の法律では解釈されました。

 

2016年3月に一度プレイヤーが逮捕されるという事件が発生しましたが、

 

結局2017年1月には不起訴処分(無罪)になっているという事例を見てもわかる通りですね。

 

 

 

 

 

 

オンラインカジノ、その驚異の還元率!

 

 

世の中に出回っている数多くのギャンブルには、様々なものがあります。

 

しかし、回収率や投資効率に関していえば、

 

オンラインカジノに勝るものはありません。

 

オンラインカジノ以外のギャンブル(競馬、パチンコ)

 

はすべて高い控除金を取るため還元率がとても低いのです。

 

 

 

競馬では60%

 

パチンコ、パチスロは75%〜90%

 

宝くじでは45%〜50%。

 

 

 

 

ところが

 

オンラインカジノでは

 

95%〜99%以上

 

という非常に高い還元率で設定されています。

 

 

 

この還元率の高さゆえにカジノを投資の場と変え、大成功している人が大勢いるのです。

 

まさに、在宅で手軽にできる最高のギャンブルといえるでしょう。

 

 

 

 

しかも、還元率の高いギャンブル(パチンコなど)の賞金額は、数千円程度と、とても低いです。

 

逆に、数億円もの賞金の当たる宝くじなど賞金額の高いギャンブル

 

は還元率がとてつもなく低いのです。

 

 

 

しかし、

 

 

 

オンラインカジノの還元率は、

 

あらゆるギャンブルの中で

 

最も高いのに、

 

賞金額もハンパじゃないほど巨大

 

 

なのです。

 

 

 

ではなぜこんなに還元率が高いのでしょうか?

 

 

オンラインカジノでは、人件費や土地代等がほとんどかからないためです。

 

つまり経費が非常に少ないのです。

 

さらに

 

オンラインカジノは世界中の人々が参加しているのです。

 

物凄い数の参加者です。

 

よって、通常のカジノよりはるかに多くの運営資金が集まってくるのです。

 

その額も半端ではないわけです。

 

 

還元率98%というのは普通に遊んだとしても、

 

期待値としては賭けた金額の2%しか減らない計算になります。

 

 

オンラインカジノを徹底的に研究し、ひとつの副業とするのは大いに可能な事なのです。

 

 

還元率が95〜99%ということはピンハネされる事がほとんどないため、

 

純粋に自分の運で勝負をすることができるのです。

 

 

ただ、この数値はあくまで平均であり、個人差があります。

 

50%の人もいれば、70%の人もいます。そして100%以上の人もいるのです!

 

それでは、勝ち組と負け組みの違いは、どこにあるのでしょう?

 

それは、いくつかのちょっとした知識と技術だといえるでしょう。

 

それもほんとにごくわずかなものだけなのです。

 

それを確実に実行できるかにかかっているのです。

 

このサイトで、あなたはその知識と技術を習得することができます。

 

オンラインカジノ攻略法の研究

 

 

最近ではスマホ対応のカジノも増え、スマホで手軽にプレイできます。

 

スマホ対応のベラジョンカジノ

 

 

 

ルーレットに全財産1500万円を賭けた男(実話)

私の知人でも500万ドル(約5000万円)以上稼いでしまった人が2人います。それほどカジノってすごいのです。
オンラインカジノ攻略法の研究

 

 

 

スマホ対応のベラジョンカジノから【速報】

 

 

2016年10月、ベラジョンカジノからまたしてもジャックポットが出ました。

 

しかも、今回はたった約400円(4.00ドル)でのベットで

 

$4,350もの獲得してしまったのです。

 

以下にジャックポットを獲得された方のインタビューがありましたので引用します。

 

“この勝利金は、本当にいいタイミングで来ました! 実は、今度の休暇にマデイラへ行く予定だったのですが、
今はさらにお金に余裕ができたので、豪遊することができます”と、彼は答えてくれました。
そして、奥様と息子様と一緒に買い物を楽しみ、新車も購入するつもりだそうです!”
私はこの勝利金を楽しく、豪快に使うつもりです! まったく貯金に回すつもりはありません!”
”私はゲームでこんな大金を勝ったことがありません。そもそもこういう状況になったこともありません!”

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事の合間にポチポチ遊んでいたら、
何の前触れもなく突然、、、

 

300万円超えの賞金を獲得してしまった!

 

7月22日。

 

Piggy Riches Touchをベット額$15でプレイしていたところ、
1回のスピンで約317万円($31,360)を獲得!!という驚愕の事実。

 

スマホでどこでも遊べるベラジョンカジノでは、

 

・仕事の合間に
・コンビニに停車中のちょっとした時間に
・彼とベッドの中で過ごしていた時に

 

など、ちょっとした空き時間に遊んでいたら、
高額賞金を獲得できてしまったプレイヤーが多いことで有名なのです。

 

 

その方のインタビューが以下です。

 

K.T様 (男性=日本人)
Q:高額勝利金を手に入れられた時のお気持ちをお聞かせください!
A:なにせ突然の事だったので何が起こったのかすぐに理解できませんでしたσ^_^;キャッシュを見て、こいつは大変だ! と思い手が震えていました^ ^

 

Q:その際、どちらでどのような環境でプレイされていましたか?
A:仕事の合間にポチポチといつものようにやっていました。まさかこんな事が起こるとは夢にも思わずに、、、

 

Q:今回、 Piggy Riches Touch にて高額勝利金を見事獲得されましたが、このゲームのご感想をお願いします。
A:このビデオスロットは以前から結構好きでやっています。フリースピンはもちろんですが、通常時でもたまにドカーンと当たる事があるのでいつでもドキドキしながらやっていられます! なんだかんだ言ってもやっぱりNETENTのスロットは見た目もゲーム性も最高だと思います!!

 

Q:今回、手に入れられた勝利金はどのようにご利用されるご予定でしょうか?
A:急に手に入ってしまったお金なのでまだすぐに思いつかないですが、やっぱり3分の1は貯金、3分の1は買い物や旅行、そして残りの3分の1は次への軍資金にしたいです( ´ ▽ ` )ノ

 

Q:K.T様のような、夢の勝利金獲得を目指している他のベラジョンプレイヤー様に、何か一言お願いします!
A:その時は急に訪れるんだとよーーく分かりました!勝っても負けても楽しくカジノをしている事が一番だと思います。自分も更に高額当選を目指していきたいと思いますので皆さんもベラジョンカジノを目一杯楽しんでいきましょう!!
本当にこの度は素敵な感動をありがとうございました!!ベラジョンカジノサポートの皆様達にもたくさんの幸せが訪れますように!
またインタビューをしていただけるようにこれからも頑張ります!
ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

 

 

スマホ対応のベラジョンカジノから【速報】

 

2016年6月ベラジョン始まって以来の史上最高額の勝利金額が出ました。

 

しかも、その獲得者は日本人プレイヤーの方で登録後たったの2週間で、

 

必勝勝利金獲得者の座を勝ち取り、更にはベラジョン史上最高追加進呈額を獲得してしまったのでした。

 

この方、ベラジョンが、初めて登録したオンラインカジノだということだそうです。

 

登録数、わずか数時間後に、スターバースト(STARBURST)で、約485万円($48,500)を獲得!

 

この485万円だけでもスゴイですが、さらにラッキーは続き、6月の必勝勝利金獲得者になったことで、

 

ベラジョンカジノから約515万円($51,500)をプレゼントされ、合計約1,000万円($100,000)の勝利に。

 

ベラジョンでの超人気ゲームSTARBURSTは一撃の破壊力抜群の高額賞金獲得を目指すには最高のゲームといえます。

 

 

 

またしてもスマホ対応のベラジョンカジノ

 

ある日本人プレイヤーが、たった1週間で3回も、必勝勝利金の獲得に成功しました!

 

なんと!1週間で3回も100万円以上を獲得したことになります。

 

実は、今回の超ラッキーな日本人プレイヤー様だけではなく、

 

何度も繰り返し獲得しているプレイヤーさんも多いのが実際のところです。

 

 

決して、今回の勝利が珍しいわけではなく

 

ベラジョンカジノでは、勝利者が続々と誕生しています。

 

今回の勝利者は3回とも「Twin Spin」のゲームで、

 

100万円以上の勝利金の獲得をしているので、

 

 

ベラジョンカジノの中でも、比較的、勝ちやすい!?穴場ゲームといえます。

 

 

 

 

 

ヴェラジョンカジノにあるHall of Godsスロットで何と2億円超えのジャックポットが出ました。

 

2016年1月19の10時47分のことなので実にホットなニュースです。

 

最近、ワイルドジャングルだけでなくヴェラジョンでも高額ジャックポットが度々報告されるようになっています。

 

それだけ各カジノでジャックポットの原資が大きくなっていることを示しています。

 

ヴェラジョンではHall of Godsのゲームで2億円や5億円を超える賞金が蓄えられているゲームがまだまだあるので

 

今後もジャックポットが連続する可能性が大きいですね。

 

ワイジャンでもそうでしたが、不思議とジャックポットって連続して出るケースが多いのです。

 

スマホ対応のベラジョンカジノ

 

 

2016年上半期、日本人プレイヤー様に人気があったゲームTOP10位を発表します!

 

PC版
第1位: Starburst
第2位: Live Roulette (ライブカジノ・パリ)
第3位: Live Baccarat (ライブカジノ・パリ)
第4位: European Roulette
第5位: Black Jack Pro
第6位: Twin Spin
第7位: Live Blackjack (ライブカジノ・パリ)
第8位: Vikings Go Wild
第9位: Piggy Riches
第10位: Cloud Quest

 

モバイル版
第1位: Roulette Touch
第2位: Starburst Touch
第3位: Twin Spin Touch
第4位: Roulette Mobile
第5位: Live Roulette (カジノ・パリ)
第6位: Blackjack Touch
第7位: Live Baccarat (カジノ・パリ)
第8位: Blackjack Mobile
第9位: Guns N’ Roses Touch
第10位: Vikings Go Wild Mobile

 

 

 

 

 

チェリーカジノ

 

 

チェリーカジノはワールドクラスのエンターテイメントをお約束するビッグネームの1つとして、50年間に渡りゲーミング業界の最先端を行くオンラインカジノです。

 

数々の受賞が物語るように、世界中のお客様に長く愛されるカジノとして有名です。

 

ゲームの数は500以上。一流ゲームソフト会社のゲームがセレクトされたラインアップ。

 

お得なボーナスと最新テクノロジーがプレイヤーを魅了します。PC、スマホ、タブレットのすべてでプレイ可能。

 

日本向けのキャンペーンから、カスタムボーナスまで、チェリーカジノは他にないカジノ体験をお約束します。

 

 

 

 

初回入金ボーナス

 

2回使えるウェルカム入金ボーナス

 

 

 

初回入金時と2回目の入金時に使えるボーナス。

 

 

日本からのお客だけにお届けする、限定ウェルカムパッケージ。

 

 

初回のご入金時に 最高$500の100%初回入金ボーナス、さらに2回目のご入金時にも同じく最高$500の100%入金ボーナス。

 

 

【初回・2回目入金$500ボーナスの受け取り方】

 

$20以上をご入金いただくと、入金額の100%の額のボーナスが瞬時に加算されます。こちらのボーナスを最大限に利用するには、$500の入金で$500のボーナスが加算され、$1,000からプレイスタートできます。

 

 

カジノソフトウェア

 

チェリーカジノの運営元はPlay Cherry Ltdという会社で、もっとも斬新かつスタイリッシュなサイトの1つです。ナビゲーション、ゲームへのアクセス、アカウント管理のすべては長年の研究によりプレイヤーの使用性を一番に念頭に置き、最適化されています。

 

PC、スマホ、タブレットのすべてでプレイ可能。クラシックでかつスタイリッシュなデザインは、世代性別に関わらず、全てのプレイヤーに親しまれています。

 

 

 

500以上のゲーム

 

チェリーカジノは膨大な数の最新ビデオスロットに、トラディショナルなクラシックスロット、巨額ジャックポット付きスロットマシンたくさんご用意しています。

 

勿論スロットだけではなく、ライブディーラーとリアルタイムで真剣勝負のスリルを味わえるブラックジャックに、ルーレット、バカラなどのテーブルゲームもたくさんご用意しています。

 

どのゲームも業界では一流最人気のNet Entertainment、 Microgaming、Play'n Go、Betsoft、Yggdrasil、 AmayaにEvolution Gamingのものを採用しています。

 

 

 

お得なボーナス

 

チェリーカジノは、プレイヤーにオンラインカジノをプレイするにあたり、ボーナスがどれだけ大切な要素であるかを十分に理解し、業界では有数のお得なボーナスを数々ご用意しています。

 

まずはウェルカムボーナスですが、初回入金時には最高$300の100%ボーナスを進呈。

 

あるいは、ハイローラー用に最高$2,000の50%ボーナスも利用可能です。

 

そして、登録30日以内に3回以上入金すると、その後4週間にわたり10%キャッシュバックももらえるという非常にお得な内容となっています。

 

また、チェリーカジノは日本のプレイヤーに向けたイベントやキャンペーンを多く開催しており、毎日開催のキャッシュレースや、週末にゆっくりプレイしたい方に向けてのボーナスや、ランチ時間にスロットで大当たりを狙えるボーナスなども進呈中です。

 

 

 

いつでもどこでも快適プレイ

 

チェリーカジノは世界中のすべてのプレイヤーに気軽にアクセスできるよう、PCでもスマホでもタブレットでも同じように快適にプレイできる環境を提供しています。

 

どのデバイスからアクセスしても1つのアカウントで同じキャンペーンやボーナスにアクセスできるので、外出時でも、通勤途中でも、自宅でリラックスしている時でもいつでもチェリーカジノを楽しむことができます。

 

 

日本語サポートと決済方法

 

チェリーカジノは年中無休の日本語サポートが完備されているので、お悩みはすぐに解決されます。勿論どのデバイスからでもチャットやメールで経験豊富なプロのスタッフが対応します。決済方法もビザ・マスターカード、Ecopayz、Venus Pointなど、日本のプレイヤーに向けたものをご用意しています。

 

 

 

まとめ

 

ワールドクラスの受賞歴多数のオンラインカジノのサービスを味わえるのが、チェリーカジノ。

 

ヨーロッパでは50年の実績の大老舗カジノです。運営元はオンラインカジノだけではなく、ランド界でも大きくビジネス展開しており、数々の受賞が物語るように、世界中のお客様に長く愛されるカジノとしてトップの知名度です。

 

ワールドクラスのゲームとサービスの意味するところは、もちろん日本のプレイヤーにとっても「かゆいところに手が届く」サービスを堪能できるということです。

 

名門カジノの魅力をお得なウェルカムボーナスと一緒に味わってください。

 

 

 

 

 

 

 

モンテカルロカジノからのお知らせ

 

モンテカルロカジノは 1863年創設の本物のランドカジノであるモンテカルロカジノのオンライン版です。

 

なにしろ正真正銘本物のカジノなので信頼度が非常に高いカジノです。

 

 

 

 

 

 

インペリアルカジノからのお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

宝くじを買うより、遥かに儲かるチャンスが!

 

 

 

 

 

オンラインカジノはギャンブルなので確かにリスクはあります。

 

しかし、例えば、あなたの周りに宝くじを買っている人、

 

あるいは買ったことがある人はどれくらいいますか?

 

おそらく、結構な人数いるのではないかと思います。私の周りにも沢山います。

 

 

 

では、あなたの周りで

 

オンラインカジノをやっている、またはやったことある人を何人くらい知っていますか?

 

ほとんどいないのではないでしょうか?

 

 

 

私は、こういうことをやっていますので、何人か知っています。

 

それにしても10人かそれくらいです。

 

 

 

では、あなたの周りで宝くじで、1億円とはいわず300万円くらい当たった人はいますか?

 

私の周りでもせいぜい1万円くらい当たった人を知っているくらいです。

 

その他には一人もいません。

 

 

同じようにあなた自身も一人もご存じないのではないですか?

 

宝くじをそのままお年玉年賀はがきに置き換えても同じようなことがいえるでしょう。

 

 

宝くじの一等の当選確率は1千万分の一です。

 

つまり、例えば、日本の国民一億人として、宝くじを一本づつ買ったとして、

 

その中で一等が当たるのはわずか10人だけです。

 

各都道府県に一人づつさえ当たらないのです。

 

 

 

 

 

ところが、私は、最初の1ケ月で、約10人ほどでカジノを一緒に始めました。

 

 

そのうちの

 

一人は660万円獲得し、

 

一人の方は100万円
獲得してしまいました。

 

私自身は18万円ほど獲得しました。

 

でも、2014年5月現在で私たちの仲間内での最高金額は3年間で5千万円稼いでしまった人がいます。

 

 

あんなに宝くじを買っている人がたくさんおり、数百万すら当たった人が周りにいないのに、

 

オンラインカジノを始めてすぐにこんな大金を獲得してしまう人が周りに複数いるとは・・・・。

 

 

これが還元率98パーセントという現実を証明しているのではないでしょうか。

 

 

読み進んでいただければわかるかと思いますが、

 

オンラインカジノをプレイしていると、このように

 

「私もこんなに稼いだ」という話を本当によく聞きます。

 

 

そういう事例が、

 

他のギャンブルより

 

極端に多いのが

 

オンラインカジノの世界です。

 

 

 

ルーレットで還元率95パーセントくらい。

 

ブラックジャックやバカラで還元率97パーセントほどといわれます。

 

しかも、

 

インペリアルカジノで適正なストラテジー表を駆使した場合のブラックジャックの還元率は

 

99.7パーセントにも昇るという報告もあります。

 

 

 

カードカウンティングを駆使するなど、プレーヤーのスキル次第では

 

100パーセント

 

を超えることさえあります。

 

 

 

一方、スロットマシンは還元率90パーセントほどとガクンと下がりますが

 

(それでも前記の他のギャンブルよりも圧倒的に有利です)、

 

プログレシブジャックポットという大当たりを狙うことが可能です。

 

それも、よく探せば還元率100パーセントを超えるジャックポット付きの

 

スロットマシンをたまに発見することがあります。

 

 

 

これってスゴイことですよ。

 

だって

 

例えば、

 

 

 

ここにスロットマシン

 

があったとします。

 

このスロットマシンの

 

賞金金額は宝くじの一等の

 

賞金並みの金額なのです。

 

 

しかも、このスロットマシンは

 

「設定6」

 

(パチンコ屋さんがサービス

 

のための特別に玉が

 

出やすいように設定したもので、

 

還元率は110パーセントぐらい)

 

なのです。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、限りなく絶望的なまでに

 

当たる確率の低い宝くじを

 

買うよりも、

 

オンラインカジノにあるスロットマシン

 

でジャックポット

 

(数千万から数億円もの大当たり)

 

を狙う方が、

 

よっぽど当たる確率が高いのです。

 

 

 

 

もし、あなたが毎年、宝くじを購入しているのなら、

 

すぐにそんなことはやめて、

 

その金額で、宝くじを買ったと思って、

 

オンラインカジノのジャックポット付きスロットマシン

 

をプレイすべきです。

 

 

宝くじを買ってはいけません。

 

 

 

 

では、実際に還元率100パーセントを超えるスロットを調べてみました。

 

 

様々な情報網を駆使して、過去に100パーセントを超えたことのあるスロットを調べてみました。

 

 

まだ他にもあったら順次報告していきます。

 

 

( )内はそのスロットのあるカジノです。

 

 

A Night Out(インペリアルカジノエベレストカジノなど)

 

 

Buffalo Blitz(インペリアルカジノエベレストカジノウィリアムヒルなど)

 

 

Cherry Love(インペリアルカジノエベレストカジノウィリアムヒルなど)

 

 

Dolphin Reef(ウィリアムヒルなど)

 

 

Golden Tour(インペリアルカジノエベレストカジノなど)

 

 

Great Blue(インペリアルカジノエベレストカジノウィリアムヒルなど)

 

 

Jungle Jim - El Dorado(ベラジョンカジノ

 

 

Highway Kings(インペリアルカジノエベレストカジノなど)

 

 

Karaoke Party(ベラジョンカジノ

 

 

Lotto Madness(インペリアルカジノエベレストカジノウィリアムヒルなど)

 

 

Silver Bullet(インペリアルカジノエベレストカジノウィリアムヒルなど)

 

 

SunTide(ベラジョンカジノ

 

 

Thai Paradise(インペリアルカジノエベレストカジノウィリアムヒルなど)

 

 

Vacation Station Deluxe(インペリアルカジノエベレストカジノウィリアムヒルなど)

 

 

 

 

 

 

 

 

【えっ!? 5000分の1の確率!?】

 

 

 

 

これ実話です。

 

あるカジノのスロットで3千万円のジャックポットが連発しました

 

 

そのカジノの全プレイヤー数が10万名ほど、

 

 

で、そのプロモーション期間中での、

 

そのスロットのプレイヤー数が1万人ほど。

 

 

その一万人のうち2人が3千万円当たったそうです

 

 

 

つまり

 

確率は1万分の2・・・・つまり、ざっと単純に考えて、

 

5000分の1!

 

 

それに対して、宝くじで同額の当たりが出る確率って・・・・・

 

 

 

 

しかも、宝くじは使ったお金はそれで終わりですが、

 

カジノに使うお金は、その分、遊びとして楽しむことができるのですから、

 

どちらがお得なのかは、ちょっと考えればわかりますよね^^。

 

 

 

私も、最初は地味に勝ちだけを狙って、コツコツ戦略を練ってプレイしていました。

 

確かに稼げるのですが、楽しくないのです。まるで仕事みたいで・・・・。

 

 

最近は、ジャックポット狙いで楽しみながらスロットをプレイする時間が多くなりました。

 

 

 

要はプレイする人が、どう考えるか?です。

 

 

投資、あるいは副業ビジネスとしてコツコツと地味に勝ちを重ねていくか・・・・。

 

これは、けっこう根気が要ります。イヤになってきます。

 

 

 

あるいは、

 

とにかく楽しむことをメイン考えてプレイするか・・・です。

 

割り切って考えると、こんなに楽しいことはないです。

 

 

何しろ、うまくいけば宝くじ級の賞金が、

 

仕事もせずに遊びながら

 

手に入ってしまうのですから・・・。

 

 

 

 

 

 

プログレシブスロットマシンの攻略法

 

 

いよいよカジノ解禁にむけての動きが本格的になってきました。

 

本当に楽しみな展開となりそうです。

 

オンラインカジノでも、ここ最近日本人プレイヤーが最高賞金額1億2700万円ものジャックポットを連発して話題になりました。

 

私も数千万のジャックポットを出した人を2人知ってます。

 

しかも、そのうちの一人なんか1度ならず何度かジャックポットを当てているのです。

 

宝くじなんかに比べて、いかに確率が高いかを物語っています。

 

その知り合いが言っていたのですが、ジャックポットを出すには秘訣がある・・・と。

 

そのジャックポットの法則です。

 

「マイクロゲーミング系オンラインカジノのジャックポットが当たる時刻は、一定の時間に集中している。

 

それは、アメリカ中央時間で午前6時から午後5時まで(日本時間で夜8時から朝7時まで)である。午後5時から午前6時まで(日本時間で朝7時から夜8時まで)は当たっていない。」

 

これから先は私の推測です。

 

プログレッシブゲームでジャックポットが当たるタイミングは人為的に決められているのではないでしょうか。

 

例えば先日のMajor Millionsの160万ドルという金額は、世界最大のオンラインカジノでのジャックポット額という話題性を狙って決められたように思います。

 

要するに誰かがどこかでスイッチを押しているのです。

 

それは誰でしょうか。

 

マイクロゲーミングの本部です。

 

この会社はイギリスの会社です。

 

上で言っているジャックポットが当たらない時間とは、イギリスでは夜の10時から午前11時までです。

 

これで分かる気がしますね。

 

当たりのスイッチを押す時間は、イギリスの11:00〜22:00ということです。

 

仕事をしている時間です。

 

スイッチを押す時間としては自然ですね。

 

さすがにオンラインカジノでも真夜中には仕事をしないということです。

 

日本でもマイクロゲーミング系カジノでジャックポットを当てた人が沢山いますが、いかがでしょうか。

 

もしこれを読んでいたら、確かに当たった時間は夜だったと思い出されるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレイテックのスロットが勝ちやすいって本当?

 

 

 

 

オンラインカジノのスロットマシンにはジャックポットと呼ばれる大当たりがあります。

 

この賞金額が半端ないくらい大きく、時には数億円を越えることもあります。

 

実際、私の知人でもジャックポットを当てた人が何人かいます。 ほんと思います。

 

宝くじを買っている人は回りにこれだけ多いのに数億とか数千万当たった人が一人もいないとは。

 

当たっても内緒にしているのかもしれませんけど・・・・。

 

それがわずか数十人程度のオンラインカジノの仲間うちで数千万円当てた人が複数いるというこの現実・・・・。

 

私自身もジャックポットではないですが、普通にプレイしてて数十万円程度なら何度か勝てました。

 

それで、以前からウワサがありました。

 

ジャックポットを出しているゲームメーカーはプレイテックが多い・・・と。

 

実際問題、数千万円当たった2人は確かにプレイテック系でした。

 

最近、日本人で億越えの高額ジャックポットを連発したことで

 

話題になったワイルドジャングルカジノもプレイテックでした。

 

プレイテックのスロットは最近、種類も増えて、タイアップや演出も凝っているので、実際魅力的です。

 

遊んでいても飽きが来ない工夫がされていますね。

 

私の一押しのスロットは、なんと言ってもモンティパイソンのスパマロット。

 

 

しかも、このスロットは日本のパチスロと同じように目押しが出来るのです。

 

目押しが得意な方はさらに有利となります。

 

 

 

モンティパイソン ライフオブブライアン スロットで350ユーロ(約2万円)勝ち!

 

 

190万円を熱狂ロトで出した動画

 

 

プレイテックのスロットのあるインペリアルカジノ

 

インターカジノ

 

 

 

 

 

 

このサイトで何度も書いてきたように、オンラインカジノのゲームが如何に他のギャンブルと圧倒的に有利なのです。

 

 

各ギャンブルの控除率の比較です。

 

控除率が低ければ低いほどプレイヤーが稼ぎやすくなります。

 

 

宝くじ(日本)              52〜56%

 

サッカーくじ、toto          50%前後

 

公営競争(競馬・競輪・競艇・オート) 25%

 

キノゲーム、ビンゴ         約20%

 

パチンコ                10〜15%

 

ルーレット(アメリカン)       5.26%

 

丁半バクチ、             5%

 

クラップス(パスライン)       1.414%

 

ルーレット(欧州式)          1.351%

 

バカラ(プレーヤー)          1.36%

 

バカラ(バンカー)          1.17%

 

クラップス(パスライン+ダブルオッズ)  0.572%

 

クラップス(パスライン+10倍オッズ) 0.184%

 

ブラックジャック(ヤマカン)       10%

 

ブラックジャック(ストラテジー)    2.5%

 

ブラックジャック(カードカウンティング)−5%

 

 

 

これに付け足すとすると、ブックメーカーとバイナリーオプションです。

 

 

ブックメーカーの控除率も3〜5%程度なので、ルーレットくらいです。

 

日本の競馬や競輪が25%なので、それに比べればだいぶマシです。

 

しかし、この数字にはウラがあります。

 

実際にオッズによりかなりバラつきがあるのです。

 

オッズとは、バイナリーオプションでいえばペイアウトです。

 

このオッズが結構大きなハンデになります。

 

65%もあればいいほうです。

 

普通に考えてペイアウト65%のバイナリーオプション取引の銘柄があったとしたら、まず手を出しません。

 

よほど勝率70%くらいを維持しないと利益が出ないからです。

 

ブックメーカーを使ったアービトラージという手法もありますが、

 

労力の割りには稼げる額が見合わないのであまりお勧めではありません。

 

なので、有利な種目をこれに加えるとしたらバイナリーオプションでしょうか。

 

 

しかし、ここで私が言及したいのは、スロットマシンです。

 

パチスロではありませんよ。

 

オンラインカジノのジャックポット付きのスロットです。

 

控除率でいうと5〜10%くらいですね。

 

パチスロよりもちょっといいくらい。

 

しかしですね・・・・。

 

この控除率は、ジャックポットが入る確率を考慮していません。

 

ジャックポット入る確率を考慮した数値は出すのが難しいですが、

 

もしジャックポット入った人のスロットの控除率にしたら、それこそマイナス200%とかいう世界に入ってきてしまいます。

 

「そんな宝くじみたいなジャックポット入る分けない!」

 

と、思いますか?

 

 

 

最近のオンラインカジノではジャックポット獲得者のニュースが異常に多いのです。

 

 

それだけでなく、私の周りでも数千万クラスのジャックポットを当てた人が2人いまして、

 

一人はマレーシアに移住してリタイア生活しています。

 

毎日ビーチで寝そべって飲んだくれてるそうです。

 

他に数百万クラスが数人。

 

数十万クラスならゴロゴロです。

 

私も数十万クラスの一人ですがwww。

 

日本のパチスロと違って、妙な設定操作など一切ないのでオンラインスロットのほうが遥かに公平な勝負ができます。

 

パチスロからオンカジに乗り換えた知人もかなり多いです。

 

ぜひ、あなたもジャックポット狙ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャンブル依存症にオンラインカジノが有効だというのをご存知ですか?

 

 

知人でかなり重症のパチンコ依存症の人間がいました。

 

その人曰く、パチンコには依存症を助長するような仕組みに満ちているのだそうです。

 

あの派手派手な演出と盛大なくらいに景気の良い騒音。

 

そんな中で大きく玉を出している人が必ず何人かいます。

 

台に掲げられた特大の札に、通路にはみ出した玉の山を入れたボックス。

 

それを見ていると、自分にもツキが回ってくるような気がしてきます。

 

 

これは丁度、買物をしている時に、他のお客が買物カゴにいっぱい商品を入れているのを見ると、つい自分も買いたくなるという心理に近いそうです。

 

 

さらに店の外にある換金所には必ず換金に訪れるお客がほぼ絶えることはありません。

 

つまり、「この店はそれだけ出る!」と思わせる演出。

 

サクラというわけではなく、お店側の設定でそれくらいの人が勝てるようにコントロールしているらしいですが・・・。

 

それに大勢で店内でプレイしていると、気が大きくなって長くプレイしたくなるようになります。

 

そして、隣や近くのお客より自分が少しでも勝って来ると、優越感のようなものが芽生えて益々やめられなくなるそうです。

 

 

結果、たまに勝つことはあるそうですが、収支はマイナス。

 

それでもまた通わざるをえないなるとか。

 

 

 

 

その人はある時を境にオンラインカジノに乗り換えたそうです。

 

 

元々パチプロだったのですが、結果的にオンラインカジノで乗り換えたおかげでそれまでの稼ぎの10倍以上になったそうです。

 

パチプロ時代の稼ぎが月に数千円から数万円だったところがオンラインカジノに乗り換えたら数十万単位の稼ぎをキープしています。

 

じゃ、逆にギャンブル依存症になったのでは?と思いますよね?

 

そうではないのです。

 

パチンコ屋だと周りに大勢の仲間というかライバルがいて、もっとイケイケのムードになってしまったのですが、

 

オンラインカジノは自宅でたった一人だけ。

 

パチンコ屋でのそういった雰囲気がないと適度の時間で区切れるようです。

 

一日せいぜい一時間程度のようです。

 

つまり一日数時間程度の時間で月数十万円の稼ぎって凄くないですか?

 

さらに、オンラインカジノの場合、パチンコにはジャックポットというシステムがあります。

 

このジャックポットを当てれば数十万どころか数千万、数億の世界です。

 

さらにそのジャックポットも宝くじのように滅多に当たらないものではなく、割と頻繁に出てくるものなのです。

 

 

しかも、パチンコ屋だと朝早く並んだりしたのですが、オンラインカジノなら365日24時間いつでも好きな時間にプレイできます。

 

 

どこをどう取ってもパチンコやパチスロよりオンラインカジノをプレイするほうが遥かに有利なのがおわかりでしょうか?

 

 

 

 

パチスロからオンラインスロットに乗り換えるべき6の理由

 

 

 

 

1.還元率の違い

 

還元率とは、あらゆるギャンブルについて回るプレイヤーの勝ちやすさの指標です。

 

還元率が高ければ高いほど稼ぎやすくなります。

 

パチンコやパチスロの還元率は75〜90%くらいといわれます。

 

設定によって段階があるようです。

 

一方、オンラインカジノにあるスロットマシンの還元率は90〜95%くらいが平均と
なっています。

 

勝ちやすさ、稼ぎやすさの面でオンラインカジノのスロットの方が優れているといえ
ます。

 

これはパチスロからオンラインに乗り換えた多くのプレイヤーが証言しています。

 

 

 

 

2.勝利金額の違い

 

オンラインカジノのスロットにはパチンコにはないジャックポットという仕組みがあ
ります。

 

ジャックポットとはプレイヤーがプレイした金額をドンドン貯めて、

 

あるタイミングで一人のプレイヤーに全て賞金として放出するというものです。

 

いわゆる宝くじみたいなものです。

 

この金額が、ハンパではないので。

 

数万円くらいのものから数億円にもなるジャックポットもあるのです。

 

そう聞くと、宝くじのように滅多に当たらないのではないか?と思いますよね?

 

ところが、割と頻繁に出るのです。

 

高額賞金続出ジャックポットのニュースを最近本当に多く聞きます。

 

実際、私自身も数万円のジャックポットを当てたことがありますし、仲間内でも数千
万のジャックポット経験者も何人かいます。

 

宝くじを買っている人はたくさんいますが、宝くじを当たったという人は身の回りに
は一人もいません。

 

この事実を見てもジャックポットを狙うチャンスは大いにあるということです。

 

また、先ほどの還元率の話にも関係してきますが、ギャンブルというものは大体プレ
イヤーの収支はマイナスになるものです。

 

しかし、ジャックポットを一度でも当てれば収支は大きくプラスになります。

 

すなわち還元率も120%といった数値になるのです。

 

実際にパチンコ、パチスロからオンラインに乗り換えた多くの人が証言しています。

 

稼げる金額が一桁増えたと・・・・。

 

 

オンラインカジノで10倍返しで半沢直樹もまっつぁお(笑)240万円GETの超大当たり!

 

・・・とこのようなことが頻繁に起こるのがオンラインカジノ世界です。

 

 

 

 

 

4.24時間365日

 

よくパチンコ屋の新装開店に朝早く並んでいる人を見かけますね。

 

あれは大変そうですよね。

 

営業時間も定められているので、いつでも出来るわけではありません。

 

でもオンラインカジノであれば、自宅で24時間365日いつでも好きな時にプレイする
ことができます。

 

さらに現在ではスマホでプレイできるカジノも多く、自宅だけでなく移動中の電車や
バスの中でプレイすることも可能です。

 

スマホ対応のベラジョンカジノ

 

 

 

5.依存症

 

勝ちやすく、勝利金も大きいどころか億万長者になる可能性すらあり、そしていつで
も手軽にプレイできるとなると、

 

パチンコやパチスロよりもギャンブル依存症になるのでは?と思いたくなりますよ
ね?

 

ところが、逆なのです。

 

パチンコ屋の店内にいると、他のお客さんとの連帯感、少し勝てると周りに対する優
越感、さらにあの煌びやかな店内装飾に、騒音、

 

これらが全て止め時を遅らせる結果になります。

 

一方、オンラインならば自宅でたった一人。

 

目の前にPCやスマホがあるだけです。

 

オンラインカジノで依存症になったケースというの見たことがないです。

 

また現在のオンラインカジノでは依存症対策も義務化されており、プレイヤーが依存
症が疑われる場合、口座を凍結するなどの措置が取られます。

 

これ実際にオンラインカジノのサポートの人から聞いた話です。

 

ちゃんと依存症対策やらないとライセンス剥奪とかされてしまうです。

 

パチンコより良心的だと思いませんか?

 

ウソだとお思いなら以下のページをご覧ください。

 

責任あるゲーミングより「ゲーム依存症」以下(インペリアルカジノ)

 

 

 

 

6.目押し

 

パチスロで稼いでいる人は目押しが得意にしている人が多いそうです。

 

目押しとは回転しているリールをストップボタンを押して回転を止めるのですが、こ
れが数字が揃うように止める技術だそうです。

 

すごい動体視力ですよね。

 

これが得意な人が言うには、オンラインスロットは目押しができないからつまらな
い。

 

そうでしょうか?

 

ありますよ、今では目押しが出来るスロットも。

 

それに目押しなんて正に特殊技術です。

 

普通の人には難しいです。

 

それほど目押しができるスロットなんて必要ないと思いますが、どう思いますか?

 

 

 

7.日本のパチンコ産業の売り上げが北朝鮮の核開発やミサイル開発資金として流れている

 

 

日本のパチンコ産業の売り上げが30兆円とも20兆円ともいわれます。

 

そして、日本のパチンコメーカーの大部分が在日朝鮮、在日韓国籍(在韓を名乗っていても実質北朝鮮というケースも多い)が多いのです。

 

さらに日本にある在日朝鮮総連自体も数十店舗ものパチンコ店を運営している事実があります。

 

こららの売り上げのうちの多くが実際に北朝鮮に流れているといわれています。

 

実際、金正日総書記が「在日朝鮮人の70%が、30兆円市場である日本のパチンコ産業に関わっており、その送金がわが国を支えている」と発言しているのです。

 

さらにこの問題は国会の場でも資金の流れは止められないものかと何度も議論の的にもなっているほどです。

 

つまり、あなたがパチンコで使ったお金がそのまま北朝鮮のミサイルや核兵器代になってるという恐ろしい事態なのです。

 

あなたがパチンコに使ったお金であなた自身の生命が脅かされるかもしれないのです。

 

それに加えて、昨今の北朝鮮の脅威を受けて、北朝鮮への制裁の一環としてパチンコ産業へのさらなる規制を加える動きさえ出ているのです。

 

なので、パチンコに使うくらいならオンラインカジノのスロットに乗り換えるほうがメリットがはるかに大きいのです。

 

 

オンラインカジノ攻略法の研究

 

 

さらにこんなニュースがありました。

 

 

パチンコ出玉規制強化へ=客のもうけ5万円以下に―ギャンブル依存症対策・警察庁

 

 

 警察庁は、パチンコの標準的な遊技時間(4時間)に客が得られるもうけの上限について、現行の十数万円から5万円を下回るよう出玉規制を強化する方針を固めた。

 

パチンコへの規制をめぐっては、1990年に一発台の廃止・確変の導入、2005年に大当たり確率の下限値を1/400、2015年には大当たり確率の下限値を1/320に、確変継続率を80%から65%へ、といった具合に段階的に厳しくなっている。

 

 スロットなどについても同水準に規制を強化する。もうけの上限を引き下げることで、負けた分を一度に取り戻そうとのめり込むリスクを減らすのが狙い。11日に風営法施行規則などの一部改正案を公表し、一般から意見を募る。

 

 カジノ解禁を柱とする統合型リゾート(IR)推進法が昨年12月に成立したのを受け、政府のギャンブル依存症対策の一環として実施する。

 

 警察庁によると、パチンコ依存問題の相談機関「リカバリーサポート・ネットワーク」に相談した人の約7割が、1カ月当たり5万円以上の損失を出していた。

 

 改正案では、遊技時間4時間でパチンコ玉の獲得総数が発射総数の1.5倍に満たないものとする新基準を設けた。現行の3分の2程度に規制を強化し、大当たりの出玉の上限も現行の2400個(9600円相当)から1500個(6000円相当)に引き下げる。

 

 パチンコ店の店長など管理者については、依存問題に関する従業員への指導・教育や客への情報提供などを、施行規則で定める業務に追加するなど規則の一部改正も行う。

 

つまり、ただでさえ、控除率の低いパチンコが、さらに規制をかけられてどんなに勝っても最大5万円しか稼げないようになってしまうのです。

 

どこをどう取ってもオンラインカジノに乗り換える方が得策なのです。

 

 

 

 

「パチンコの売り上げが北朝鮮に流れているなら、北朝鮮に経済制裁を加えてやる!」と勇んで出かけて逆に経済制裁を加えられて帰ってくるという経験のお持ちの方、オンラインカジノの方が絶対有利ですよ!

 

 

 

違法性

 

オンラインカジノ攻略法の研究

 

最後に、オンラインカジノでスロットをプレイするのって違法じゃないの?

 

よくニュースなんかでネットカジノをネットカフェでプレイして逮捕!とかニュースで聞くじゃん!

 

という声もあるかと思います。

 

まず、日本でいう賭博罪というのが胴元とプレイヤーを揃って逮捕しなければ成立しないということになっています。

 

オンラインカジノの場合、プレイヤーは国内でもオンラインカジノの会社やサーバーは海外の賭博合法国にあります。

 

よって日本の法律の適用外です。

 

なので完全に合法とはいいませんが、これまで判例がありませんでした。

 

例えとしては、あなたがラスベガスに旅をしてそこでカジノをプレイしたとしても罪に問われない・・・。

 

というのに似ているといえます。完全に同じというわけではありませんが・・・・。

 

しかし、注意して欲しいのがカフェみたいところでプレイする場合。。

 

自宅でプレイするのは、とりあえず問題ないですが、

 

ネットカフェみたいなところでお店から勝利金がもらえるようなスタイルのところは完全に違法です。

 

ニュースになるのはこのパターンですね。

 

なぜなら、お金を授受した時点で胴元とプレイヤーが国内にいることになるからモロに賭博罪が成立してしまうのです。

 

これだけ気をつければ大丈夫です。

 

しかし、以下のニュースはどうなるの?という疑問の声があるかと思いますが、フタを開けてみれば結局不起訴に終わっています。

 

 

 

 

2016年3月10日の「無店舗型オンラインカジノで全国初の逮捕者」というニュースについて

 

 

 

報道などでご存知の方も多いかと思います。

 

自宅のパソコンからオンラインカジノでプレイした3人の日本人が単純賭博罪の容疑で逮捕されたという事件がありました。

 

「やっぱりオンラインカジノをプレイすると逮捕されるのでは?」

 

とご心配になった方も多いかと思います。

 

確かに現状の日本の法律では自宅のPCやスマホから海外のサーバーを通じてオンラインカジノをプレイすることに関して有罪とも無罪とも決めることができないので、絶対に逮捕されないということは言えないと思います。

 

その点だけは自己責任ということになります。

 

しかし、今回のニュースを聞いて気になる点がいくつかあります。

 

摘発された対象カジノがスマートライブカジノという英国に拠点を持つカジノです。

 

ここは業界初にして唯一日本人ディーラーを売りにしているライブゲームが人気です。

 

しかもプレイできる時間がモロに日本人のライフタイムに合わせた営業時間でした。

 

つまり、警察は「事実上、国内で日本人向けにカジノが開かれて賭博行為をしている」と判断したということです。

 

それでも法の拡大解釈が過ぎるとは思いますが、日本国内で賭博が行われているのと同じだと判断されたことになります。

 

このように特殊な例はスマートライブカジノだけで、ほかにも日本人専用というイメージの強いジパングカジノやインペリアルカジノなどは実際世界中の利用者が多く、日本人だけにターゲットを絞っているわけではないので、スマートライブカジノのケースとは異なります。

 

なので「絶対に逮捕されない」と断言はすることはできませんが今回のスマートライブのケースは少し特殊であるということが言えます。

 

実際、スマートライブのライブゲームの様子を見たことありますが、ディーラーもプレイヤーも全て日本人で、まるで日本国内みたいでした。

 

実は今回の件でいろいろ調査した結果、なぜか報道されないいくつかの重大な事実が判明しました。

 

今回逮捕された数人は、普通のプレイヤーではないのではないか?ということです。

 

どういうことかというと、かなりスマートライブカジノ運営側寄りのスタンスを取っているように思えるのです。

 

実際にそのカジノと共同のイベントを開催したり、またそのプレイヤーが賞品を提供したりということがあったそうです。

 

つまり、京都府警が特に注目していたのが、この3名がスマトラの経営に関与していたのではないかという点でした。

 

これを見ても今回のケースはさらにレアケースだったといえるのかもしれません。

 

それに実はスマートライブカジノは以前から不払いの噂がけっこうあったカジノでした。

 

それゆえ私は推薦カジノとしてスマートライブの名を上がることは避けていました。

 

これは個人的な憶測ですが、そんなスマートライブに関する良からぬ噂も今回の件に多少関係しているのか?などと想像しています。

 

それと、今回の逮捕劇は「オンラインカジノをプレイしたことによる逮捕者が出たという実績」ができたということにすぎません。

 

「オンラインカジノをプレイしたこが有罪に当たるという判例が出た」ということではないということなのです。

 

この2つは意味合いが大きく異なります。

 

つまり、日本国内の法的には判断をつけるのが難しい問題なので、このまま不起訴になる可能性もあるし、裁判になったとしても立件不可能で無罪になる確率もあるということなのです。

 

つまり、オンラインカジノをプレイすることは有罪であると確定したわけではないということです。

 

 

今回の件、色々と謎が多いのですが、ある目的のもとに起こったのではないか?と思っています。

 

例え、不起訴、無罪になったとして当初の目的は達成できる結果になるのではないかと(その後略式起訴により釈放)。

 

つまり、カジノ解禁に向けて日本政府の認める合法賭博以外へ資金が流れるの食い止めたい。

 

そのための見せしめ、威嚇の意味があるのではないか?と想像できるのです。

 

だから仮に無罪になったとしてもほっとんど報道されないのではないでしょうか?

 

「オンラインカジノをプレイしたら逮捕された」という事実さえ知らしめればそれで目的達成ということになるので。

 

現在、日本国内におけるオンラインカジノ利用者は100万人に上ると推定されています。

 

カジノ合法化にともない触れたくないデリケートな問題を含んでいるオンラインカジノに関して禁止するには先の海外賭博合法国との絡みがあるので法令化しづらい。

 

だから、直接ではなく間接的な圧力をかけているのではないかと思っています。

 

まず、最初にやったのがクレジットカードをオンラインカジノで使えなくすること。

 

次にネッテラーが日本国からのアフィリエイトができなくなりました。

 

そして、つい最近アイバンクが日本市場から撤退しました。

 

さらに2月に発生した日本の顧客とオンラインカジノの間に入って換金サービスをしていた業者の摘発(これは完全に犯罪ですが・・・)。

 

こういった一連の動きに連動していると私は見ています。

 

バイナリーオプションを日本から締め出した時と全く同じやり方ですね。

 

いずれにせよ経過を注意深く見守りたいと思います。

 

私の目から見てもこれだけ怪しい点がある例ですが、それでも結局不起訴という結果に終わっています。

 

 

 

 

この件に関するベラジョンカジノの見解

 

ベラジョンカジノは、EU圏の政府機関により正式運営許可証(ライセンス)を取得し、運営しており、

 

ヨーロッパ共同体におけるData Protection Act(情報保護条例)に則ってプレイヤー様の個人情報を外部に提供しない体制を徹底しております。

 

ベラジョンカジノは、厳しい監査や法律上の規定のコンプライアンスをきちんと経た上、完全に合法的な体制を整え、

 

常に弊社のプレイヤー様の安全や安心を最大限に考慮したサービスを提供しております。

 

尚、弊社の親会社は、トロント証券取引所で上場しており、オンラインカジノ事業を中心とするビジネスを展開しております。

 

弊社では、日本市場プレイヤーを受け入れるにあたり、厳密な日本市場における法律状況の精査を受け、

 

日本の現行法で弊社のウェブサイトでプレイするにあたり、運営者およびプレイヤーに対する違法性を支えるエビデンスはないという結果でありました。

 

従って,単純賭博法違反の疑いにより3名に逮捕状が請求された(注意: 弊社では今回の件に対しまして,

 

ニュース記事による限られた情報のみしから知らず,また弊社とは全く関連のない他社のオンラインカジノサイトとなりますため,

 

具体的にどのような事情や背景、運営体制であったかなどの情報などは存じ上げておりません。)

 

という記事につきましての弊社の強い見解としましては,今回の件は,現時点の日本における賭博法の解釈を超越し,

 

また国際的な判定や見解にも反することと確信しております。

 

弊社としましては、法律とライセンスに基づいた国際的オンラインカジノビジネス業界としての法律に対する見解を周知し

 

関係当局に明示していく所存です。

 

しかしながら、この一連の報道で、不安に思われるプレイヤー様もおられるかと存じます。

 

今後どの様な決定をされるかにつきましては,弊社としてもプレイヤー様お一人お一人の決断を尊重させて頂きたいと思います。

 

なお、上記が弊社の現在の見解となり、上記以上の回答はできません事ご了承くださいませ。

 

 

引用ベラジョンカジノ

 

 

 

 

インターカジノの見解

 

「無店舗型オンラインカジノで全国初の逮捕者」というニュースについて

 

インターカジノは、EU圏の政府機関により正式運営許可証(ライセンス)を取得し、

 

運営しており、ヨーロッパ共同体におけるData Protection Act(情報保護条例)に則って

 

プレイヤー様の個人情報を外部に提供しない体制を徹底しております。

 

 

 

インターカジノは、厳しい監査や法律上の規定のコンプライアンスをきちんと経た上、

 

完全に合法的な体制を整え、常に弊社のプレイヤー様の安全や安心を最大限に考慮したサービスを提供しております。

 

尚、弊社の親会社は、トロント証券取引所で上場しており、オンラインカジノ事業を中心とするビジネスを展開しております。

 

 

 

 

弊社では、日本市場プレイヤーを受け入れるにあたり、厳密な日本市場における法律状況の精査を受け、

 

日本の現行法で弊社のウェブサイトでプレイするにあたり、

 

運営者およびプレイヤーに対する違法性を支えるエビデンスはないという結果でありました。

 

 

 

従って,単純賭博法違反の疑いにより3名に逮捕状が請求された

 

(注意: 弊社では今回の件に対しまして,ニュース記事による限られた情報のみしから知らず,

 

また弊社とは全く関連のない他社のオンラインカジノサイトとなりますため,

 

具体的にどのような事情や背景、運営体制であったかなどの情報などは存じ上げておりません。)

 

という記事につきましての弊社の強い見解としましては,

 

今回の件は,現時点の日本における賭博法の解釈を超越し,

 

また国際的な判定や見解にも反することと確信しております。

 

 

 

弊社としましては、法律とライセンスに基づいた国際的オンラインカジノビジネス業界としての

 

法律に対する見解を周知し関係当局に明示していく所存です。

 

しかしながら、この一連の報道で、不安に思われるプレイヤー様もおられるかと存じます。

 

今後どの様な決定をされるかにつきましては,

 

弊社としてもプレイヤー様お一人お一人の決断を尊重させて頂きたいと思います。

 

 

 

インペリアルカジノの見解

 

 

当オンラインカジノでのプレイにおいて不安を感じられているお客さまがもしいらっしゃいましたら、少しでもその不安が軽減できましたら幸いです。

 

今回の警察の動きは他社のオンラインカジノのプレイヤーに関わるものであるため、どのような運営体制であったかについてはつかめておりません。

 

しかし、当社が知り得る限りでは、インペリアルカジノのプレイヤー様の中には今回の件で影響が及んだ方は1人もいらっしゃいませんのでご安心ください。

 

当社は安全で合法的な運営をしているEUの企業であり、マルタを含め、他のEU諸国でのオンラインギャンブルライセンスを取得しています。

 

オンラインカジノの先駆けとして2000年から続けておりますこの健全かつ安定した運営は、

 

当オンラインカジノの認知度からも明らかであると自負しております。

 

さらに、日本ではなくEUで運営している企業ですので、

 

日本の関係当局が当社のお客さまのゲームプレイに関する個人的な情報を開示するよう命じることは許されていません。

 

これからもお客さまの安全性を第一に、コンプライアンスチームそして各国にいる提携先の弁護士と連携しながら運営を続けて参ります。

 

何かご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

今後ともインペリアルカジノをどうぞよろしくお願いいたします。

 

以上

 

インペリアルカジノ

 

【重要】オンラインカジノに関する報道につきまして。
Zipang Casinoの見解

 

弊社カジノブランドである、ジパングカジノ、ラッキーベイビーカジノ及び、

 

カジノジャンボリーより、現在オンラインカジノに関連する報道について

 

ご不安に感じるお客様もいらっしゃるかと存じますので、

 

下記の通り弊社よりの見解としてお知らせいたします。

 

 

- 決済サービス業者からの逮捕者

 

弊社ブランドにて契約していた決済サービス業者からの逮捕者については、

 

犯罪資金移転防止法違反で起訴、その後理由は分かりかねますが

 

賭博罪として再逮捕されたとの情報がございました。

 

 

この決済サービスに関しましては、弊社が委託する外部ファイナンス会社との契約によって、

 

決済業者がサービスを提供していたものであり、

 

業者が直接的に賭博を開帳していないにも関わらず、賭博罪の適用を

 

目標としており、報道の内容も少し誤解を生みやすいと感じられました。

 

 

当カジノに関する運営は全てフィリピンのマニラ市内で行われており

 

フィリピンでのカジノ法令に遵守して行っております。

 

なお、日本の法律にて賭博に関する法は属地主義となり日本国外での事象は適用外となります。

 

 

*属地主義とは、法令の適用範囲に関する立法主義。日本国内のみ適用、国外には適用されない。

 

逆の意味で属人主義があり、自国民による犯罪に対して犯罪地を問わず自国の刑法を適用するものがある。

 

 

決済業者がどのような経緯で賭博罪での逮捕になったのか不明ではございますが

 

カジノに関する全ての運営は上でも述べた通り、フィリピン国で行われており

 

今回の報道に関しては疑問を感じる部分もございます。

 

ただ、決済会社が弊社外の提携機関ということもあり

 

積極的な介入や関与はできないところが現状でございます。

 

 

 

- オンラインカジノ(他法人)遊戯での逮捕者

 

 

他のオンラインカジノ様でのご遊戯にて逮捕者が出ている事についてでございますが、

 

公開されている情報を精査すると、特定方向への誘導も感じられる部分もあり、

 

また逮捕=有罪(推定有罪)が全面的に押し出されている感があるかと存じます。

 

 

また現行法にて、オンラインカジノとして明確に定められていないと思われる状況下では、

 

属人主義ではない賭博法の適用に疑問を感じるところであります。

 

 

この一連の件に総じて言えることでは有りますが、

 

報道の文章から見る限り、現在日本の刑法で制定されている賭博法の解釈に当てはめる事は難しく、

 

罪刑法定主義として禁じられている、類推解釈、拡大解釈の可能性があるかと考えております。

 

 

報道で出ているカジノが私どものブランドではない弊社として、今回行動を起こすことはできませんが、

 

今後、弊社ブランドでの遊戯にて登録者が逮捕され、それが弊社ブランドと共に公表されることがあれば、

 

貿易上の不公平を訴え、弊社保有ライセンス国を通じWTO(国際貿易機関)に問題提起することを考慮し、

 

また名誉毀損にて当該国裁判所に向けて提訴する事も吝かではありません。

 

 

弊社はフィリピン国が定めるカガヤン経済特区発行の

 

正式なライセンスを保持すると共に、外部機関からの明瞭な経営が必要となる、

 

イギリス国マン島のライセンスなどを保有、加えて

 

イギリスプレミアリーグ、サンダーランドのメインスポンサー、エバートンの公式ベッティングパートナー、

 

過去有名日本選手が在籍したスコットランドプレミアリーグ、セルティックFCの公式ベッティングパートナーであり

 

日本の法律よりはるかに厳しいスポンサー採用基準をクリアしております。

 

 

国際最高レベルの条件をクリアしている状況下、国際基準を無視して企業イメージを損なう行為があった場合

 

法令に基づき対応を取る事も視野に入れなければならない状況になる可能性もございます。

 

 

ともあれ、弊社プロダクトにご登録いただいておりますお客様には、

 

少なからずご不安と、ご不便をお掛けしている次第ではあります。

 

今後、弊社プロダクトでのご遊戯につきましてご質問があるかとは存じます。

 

下記の特設アドレスにて、ご質問をお受けいたしましたら、弊社法務部より返答いたしますのでご活用くださいませ。

 

 

legal@zipangcasino.com

 

(多くのお問い合わせが来ることが予想されますので、返答まで時間がかかる場合もございます)

 

私共は、今後も変わらぬスタンスにて事業を展開してまいります。

 

日本国の司法が明確な判断を出せるかどうかに期待すると共に、

 

ご登録いただいておりますお客様が、安心してご遊戯いただける

 

環境を提供できますよう、引き続き努力してまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稼ぎやすいゲームとしてバカラもかなり強力です!

 

 

2008年下期のインペリアルカジノ のバカラの還元率は、

 

なんと100.79パーセントでした。

 

オンラインカジノ攻略法の研究

 

このようにバカラの還元率は常に99.5パーセントを超えており、

 

時に100パーセントを超えることが最も多いゲームです。

 

 

このページにある攻略法,特に31法あたりを駆使して計画的にベットしていけば、間違いないです。

 

私も過去振り返ってみると、

 

そういえばバカラが過去一番収支面で安定してプラスを維持してたことを思い出しました。

 

なるほどと納得できたわけです。

 

今が最高のチャンスです。

 

 

 

 

 

上記のカジノはこちら

 

成功している人を見分ける方法

 

 

 

ネットビジネス関係もそうなのですが、

 

オンラインカジノに関する情報が巷に溢れています。

 

やれ、月収一千万稼げます!

 

日給10万円稼ぐノウハウ!

 

とか。

 

逆に、あれは詐欺だ!

 

やってみたけど全く稼げなかった

 

など。

 

色々な人が色々なことを言います。

 

どの言葉を信じていいのかわかりません。

 

私が8年間ほどこの世界に取組んでみて実感として感じているのは、成功している人2割。

 

失敗している人8割・・・・。

 

こんな感じではないかと思います。

 

ネットビジネスもカジノも取組む人はすごく増えました。

 

何年か前にアフィリエイトとかオンラインカジノなんて言葉は一般的に全く知られていませんでしたが、

 

今は逆にその言葉を知らない人のほうが珍しいかもしれません。

 

その中でうまくいっている人といっていない人がいる。

 

その人がどういうスタンスで取組んだが大きく影響します。

 

一番ダメなのが、簡単に楽して大金を稼ぐことができると思っている人。

 

そう思わせる宣伝する人も十分悪いですが・・・。

 

そういう人はとにかく努力しません。

 

カジノにしても、ゲームの控除率を調べたり、攻略法やマネーマネージメントをしっかり実践する必要があります。

 

成功するわけありません。

 

仕事でも何でもそうですよね?

 

思うのですが、富士山の登山みたいなイメージしてみてください。

 

富士山に登る人はすごく多いです。

 

ザックリ「富士山に登る」というのがネットビジネスとかオンラインカジノにとりあえず取組んでみる」という行為にあたります。

 

頂上まで登る人もいるだろうし、5合目くらいまで車で行くだけの人もいるでしょう。

 

それらの行為を全部含めて「富士山に登った」ことになります。

 

その中で頂上まで登る人はどれくらいでしょうか?

 

2割くらい?

 

その頂上に登った人たちがネットビジネスやオンラインカジノの世界で名前が突出したビッグな人たちです。

 

その下の9合目とか6合目あたりを登っているのが、私を含めてネットビジネスでとりあえず成功を収めている人たちです。

 

5合目までしか登らない人は、ちょっとだけネットビジネスに取組んで諦めて止めた人たちです。

 

5合目で帰った人たちには富士山の高みから見える素晴らしい絶景を見ることができなかった人たちですね。

 

「ネットビジネスやってみたけど稼げなかった」

 

「ネットビジネスなんて詐欺だ」

 

というようなことを言うのは大体このように5合目しか登ってない人です。

 

 

成功するためには、成功している人から情報を得ないと何もなりません。

 

本当は5合目しか登っていない人たちが、さも自分が頂上まで登った!と大ボラを吹くパターンが多いからです。

 

そういうふうにしなさい!と教える人にも大いに責任ありますが・・・・。

 

 

そういう偽者を見破るコツを一つお教えします。

 

それが非常に簡単な方法です。

 

その人物が運営しているブログなりサイトなりを見れば、その人が成功しているかそうでないかすぐわかります。

 

ポイントは、運営年月と更新頻度。ただそれだけです。

 

考えてみれば当たり前のことです。

 

成功しているからこそ長く続けていられる。

 

成功しているからこそ更新頻度が高い。

 

成功していなければ長く続けられません。

 

成功していなければ更新頻度も低くなります。

 

 

運営しているいくつかのサイトは8年になります。

 

大事に大事に育てて今はパワーサイトになっています。

 

大したSEOの対策もしてないのに検索エンジンにも評価されています。

 

実際、検索エンジンに評価される一つの大きなファクターは運営年数です。

 

どうか本物と偽者を見分ける目を持ってください。

 

おかげで、私の作ったいくつかのサイトは、最近では丸ごとパクられることもあります。

 

腹立たしいことではありますが、これもまた評価されているんだという一つの証なのかなと思っています。

 

 

 

オンラインカジノに回収モードはあるのか?

 

 

先日、オンラインカジノの会社で実際に働いていた方とお会いしてお話する機会がありました。

 

 

色々聞いてみたいことがあったので事前に質問をたくさん用意していきました。

 

 

その中でも一番気になっていたことがありました。

 

 

それは

 

オンラインカジノには「回収モード」とか「解放モード」ってあるのかないのか?

 

 

実際にプレーしていると感じることがありませんか?

 

無料モードだと勝てていたのに、有料モードに切り替えたら途端に負けだした・・・
とか。

 

あとちょっとで目標の金額に届きそうだから、もう少し粘ろうと思ったら、そこから急に負けだした・・・・とか。

 

 

一度や二度経験ありませんか?

 

そんな時に思うのが「回収モード」ってあるのかな?

 

回収モードというのは、パチンコなどでもある、プレイヤーがどうやっても勝てないように操作されている状態。

 

一方、解放モードというのは、プレイヤーにジャンジャン勝たせる状態のこと。

 

これがオンラインカジノにもあるのではないか?というウワサは以前からありました。

 

 

それに対する回答です。

 

「結論から言いますと、回収モードとかはありません。他のカジノさんについては何とも言えませんが、

 

私のいた会社数社ではそのようなことをしようにもやりようがない状態です。

 

まず、そういった操作をするのはカジノ側は一切タッチすることができなくてゲーム会社に全て委ねられています。

 

そのゲーム会社は、第三者の監査団体から不正がないことを審査され、合格しなければ営業できません。

 

その審査も国際的な基準があります。それをパスするのもかなり大変だと聞いています。

 

あとは、おっしゃるようにギャンブルそのものが、

 

プレイヤー数が増えれば増えるほどカジノ側の利益が上がるように出来ているので不正みたいなものを、

 

そもそもやる必要がないのです。

 

仮に不正をしたことがバレた場合のリスクの方が遥かに大きいからです。

 

ただでさえ、ギャンブルなので信用されにくりジャンルなので、そこで信用を失った場合、

 

経営そのものにダメージを与えてしまいます。

 

よって、不正をするなどという大きなリスクを犯す必要がないということになるのです」

 

ある程度予想通りの回答ではありましたが、これが元カジノ会社の人というところがミソです。

 

 

というわけで、声を大にしていいます。

 

「オンラインカジノに回収モードはありません!」

 

 

 

では、ここからが本題です。

 

私の実践している攻略法をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

≪初級偏≫

 

 

【ルーレットにおけるマーチンゲール法】

 

ルーレットは必ず、0が一つのモンテカルロ・スタイルを選んでください。

 

ラスベガス・スタイルの0と00があるタイプだと勝率が下がります。

 

 

 

マーチンゲール法とは、負けたら金額を倍にして賭け続ける方法です。

 

最初は1ドルずつ賭けてください。

 

 

賭ける金額については以下の通りです。

 

 

1回目、もし負けたら次は2ドル。

 

 

2回目、また負けたら4ドル。

 

 

3回目、もう一度負けたら8ドル賭けますetc・・

 

 

つまり負けたときはその前に賭けた金額の倍額を賭けて行きます。

 

 

勝ったときはまた1ドルからスタートし直します。

 

 

 

つまり負けた時は、負けた額の倍を賭けていきます。負けが続くと心配になりますが大丈夫です。

 

この方法でいくと勝った時には必ず負けた分プラス1ドルになっています。

 

 

 

 

 

実際は賭け金に上限があり、賭け金の上限を超えると自動的に負けが決定します。

 

ですが、たとえば、7回連続で負けつづけるのは1/128つまり、0.7815%の確率です。

 

これが高いか低いかの判断は、お任せします。

 

 

 

この攻略法はブラックジャックとバカラにも使えます。

 

 

 

なんでマーチンゲール?って思った方、ちょっと待ってください。

 

マーチンゲール法をとりあえず否定してみるのが「通」みたいな風潮があります。

 

しかし、この攻略法は様々な局面で応用ができます。

 

上級編へ進んだ時に、他の攻略法と組み合わせることによって、絶大な効果を発揮するのです。

 

 

後で説明する大数の法則に捕まらないためのベット法として、

 

このマーチンゲール法が最適なのです。

 

大数の法則につかまらないコツは勝負数をなるべく少なくする必要があるのです。

 

その点、マーチンゲールは一度の勝ちで負け分を一度に回収できるというメリットがあります。

 

基本中の基本ですのでマスターしておいて損はありません。

 

というかぜひマスターしてください。

 

 

なので、この方法をいきなり本番モードで賭けるのはちょっと待ってくださいね。

 

 

 

 

私のおすすめのオンラインカジノ(こちらから登録できます)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

インペリアルカジノ
オンラインカジノ攻略法の研究

 

オンラインカジノといえば、インペリアルカジノ といわれるくらいの実績No.1サイト。

 

日本では最も有名なネットカジノの一つ。

 

世界189ヶ国で数百万というプレーヤー数を誇る世界最大規模のオンラインカジノ。

 

支払い、サポート体制、セキリティ面とどれを取っても最高級のレベルです。

 

信頼度、高額賞金額、サポート面でナンバーワンカジノです。

 

その他に、新規登録の際にボーナスがもらえるクーポンコードがあります。

 

このコードを入力するとさらにボーナスがもらえます。このコードは毎月変わります。

 

 

 

 

 

 

ライブゲームの多さナンバーワン。

かつ、最も勝ちやすいゲームの一つであるバカラ専門のサイト。


2016年大注目のエンパイアカジノ

 

 

 

毎月毎月、ブラウザゲームに1万円課金。

 

 

ゲームをやりこんだ挙句に

 

ふと、現実に戻り、

 

「何も残らない」寂しさを抱えている

 

そこのブラウザゲームユーザーさん

 

 

お待たせしました!

 

 

 

カジ旅なら、ゲームで遊んで増えたゲーム内の通貨を、

 

ATMから現金として引き出すことが出来ますので、

 

たっぷり遊んで、たっぷりお金をゲットして下さい!

 

 

 

このサイトから登録された方からの声

 

登録してすぐ、最初は全然勝てなくて、やめようかと思ってたところ、

 

何とルーレットでいきなり1000ドル勝っちゃって。

 

それ以来、コンスタントに稼げています。

 

今月は、マジで一日100ドルのペースです。

 

でも、大きく出ると負けますね。熱くならずに、やめ時のタイミングって大切ですね。

 

どうもありがとうございました。
最近、忙しくてプレーしていませんが、またやりたいと思います。

 

やはり一度大勝ちしてしまうと、その感覚が忘れられません。

 

何か働くのがバカバカしくなってきます。

 

これが不労収入ってやつですね。

 

ギャンブル依存症になる人の気持ちがよくわかりました。

どうしてくれるんですか・・・・。このページを見たばっかりにwwww。

 

会社やめちゃいましたよ。

 

ま、もともとパチプロの私ですので、会社やめてもパチスロと

 

オンラインカジノで何とかやっていけてます。

 

ただ、オンラインカジノのスロットは目押しが出来ないのが不満ですね。

 

人並み外れた動体視力の持主の私の得意技は目押しなのです。

 

これが使えないのがちょっと残念。

アフィリエイト、ドロップシッピング、FXなど色々やってきましたが、

 

確かにこの方法が一番効率的に稼げる気がします。

 

でも、”ギャンブラー”になった時は負けることが多いですね。

 

勝てるのは”投資家”のマインドになった時です。

私はジャックポット経験者です。

 

200万円くらいですけど。宝くじは毎年買っていますが当たったことはないです。

 

でもジャックポットはカジノ始めてすぐですからね。

 

もうやめられません。また狙いますよ。

紹介していただいたオンラインカジノの対応の親切さに大満足しています。

 

以前、遊んでいた某カジノより全然良心的です。

今はなくなっちゃったけど、某闇カジノでディーラーやってました。

 

今度はプレーヤーの立場で元「同業者」と対戦しています。

 

ディーラー経験者ならではの攻略法ってのがありまして、

 

この方法は年季が入っているので半端じゃないですよ。

 

特にライブで威力を発揮します。

 

でもこのサイトの攻略法の中でとても近いのがあります。

 

どこでその情報仕入れたんですか?ちょっとビックリです。

やったーーっ。

 

ローンを完済できました。

 

オンラインカジノってすごいんですね。

私はまだツキに恵まれません・・・とほほ。

 

皆さんの書き込みから「運」をもらいたいと思います。

 

がんばります。

私は、自分のスキルで勝負できるブラックジャックとポーカーが好きですね。

 

勝った時の充実感が違います。

 

ブラックジャックだけで年間100万円くらい稼いでいます。

マジで一日100ドル以上になりますね。

 

今日は1500ドルですよ!

 

世の中に、こんなに簡単にお金を稼げる方法があっていいんですか?

 

本当に違法性とかないんですよね?

 

犯罪的行為に巻き込まれているんではないかと不安になってしまいますwww。

私の周りにはやっている人は自分を含めて3人です。

 

一人は、まさにギャンブラーで、大きな勝負ばかりしています。

 

大きく勝つ時もあるみたいですが、貯金を全部はたいたって言ってました(笑)。

 

もう一人は、攻略法至上主義みたいな感じで、収支はトントンだそうです。

 

私は2人の中間タイプで、時にはガーっと行きますが、大体は慎重に攻めるタイプかな。

 

で、収支は・・・・・・笑いが止まりませんwww。

私も高額で情報商材を買ってしまった口です・・・・・・。

 

もっと早く、このページを見つけたかったところです。

 

ま、すぐに元は取れたのでよしとしますが・・・・。

おかげさまで、昨日初めてリアルマネーでプレイしたところ300ドル勝っちゃいました。

 

これからボーナス条件をクリアしたいと思います。

 

本当によい情報をありがとうございます。

面白いです。ハマりっぱなしです。

 

私は純粋にゲームを楽しんでいます。

 

その上、収入になってしまうのですから、遊ぶことによってお金をもらってしまっています。

私は世界中のランドカジノを渡り歩いてきました。自称「賞金王」です(笑)。

 

ランドカジノの還元率は、大体正味90パーセント程度です。

 

ランドカジノと比べてもオンラインカジノのほうが勝てるチャンスは確かに大きいです。

 

やはり、自分のペースで落ち着いてできるというのが大きいように思います。

 

ちなみにカードカウンティングはオンラインカジノのブラックジャックでは使えないことが多いです。

 

まず、シングルデッキゲームがほとんどなくなりました。

 

それにあったとしてもシャッフルするタイミングがわからないのです。

 

デッキを使い切る前にシャッフルかかったりするので。

 

これはカードカウンター泣かせです。

 

ほとんどのカジノでは毎回シャッフルなので、カードカウンティングは通用しません。

新しい攻略法、ハンパじゃない破壊力ですね!

 

いきなり1500ドル儲かりました。

私もビデオスロットで1500ドル勝ちましたよ。

マジでやばくないですか?いきなり4000ドル勝っちゃいました。

 

私はこういうギャンブル全く生まれて初めてなのに・・・。

 

ほんと、働くのイヤになりました(笑)

 

これでギャンブル依存の道まっしぐらです。

私もやっちゃいました!

 

始めた初日で3000ドル儲けてしまいました!

 

マジですか?違法じゃないですよね?

 

ヤバイです、これ。

 

ボーナス条件もアッという間にクリアです。

 

もう人生設計考え直します。

私見ですが・・・・。

 

いずれ日本ではオンラインカジノは禁止されると思います。

 

カジノが解禁になった場合、ランドカジノは国の収入になりますが、

 

オンラインカジノは国の収入になりません。

 

なので、当然、禁止の方向に行くと思います。

 

オンラインカジノで稼げるのは今のうちだけ・・・・・ということが言えると思います。

このサイトに出会って一日で人生が激変しちゃいました。

 

初日に500ドル入金して、ルーレット、ブラックジャック、スロットとプレイしてたら・・・・・。

 

一日で1万ドルの儲け!!!!!

 

こんなのありですか?

 

もちろん、ボーナス条件もアッと間にクリアしてました。

ぶっちぎりです!!!!

 

一日100ドルどころか、一日2000ドルペースです。

 

会社に辞表を書いているとこですwwww。

ブラックジャックで一日平均で200ドルづつ確実にゲットできています。

 

狙いはシングルデッキでサレンダーできることなど、ゲームを選ぶことが重要です。

 

これで勝率が圧倒的に違ってきますよ。

 

あと、カードカウティングするならZENがおすすめです。

オレの実践している攻略法のほうがもっと稼げるよ。

 

特別なやり方を使うから、完全にオリジナルのツール。

 

今度、情報商材として販売するから楽しみにしててよ。

快進撃です!

 

このページのルーレット攻略法で毎日200ドルくらい勝ち続けてます!

 

いやあ、どこまで行くんでしょうか?

 

楽しみです。

 

凄すぎ!

教えてあげた私の友人がハマってます。

 

これ、熱くなりすぎると危険かもしれませんが、1日200ドルは稼げてます^^

オンラインカジノのジャックポットスロットマシンでジャックポットをあてるコツがあるのご存じですか?

 

このページのどこかに書いてありますよ。

パチプロから転身しました。

 

パチスロで生活している頃は月に数万の稼ぎでしたが、

 

オンラインカジノに切り替えてからは0の単位がもう一個増えました。

 

オンラインカジノのほうがパチスロよりも勝率も賞金額がケタ違いです。

 

もし、パチでプロやっている人いたら、すぐにオンカジに乗り換えることお勧めします。

ルーレットで負けました・・・・・。

 

しかし翌日バカラで倍返しで勝ちました。

 

資金も着実に増えています。

このサイトにある商材「大数大枚の法則」を購入した者です。

 

購入して一週間ほどで結果が徐々に出てきました。

 

実質の理論値が105パーセントに対して110パーセントを超えています。

 

ブラックジャックだけでなく

 

ルーレットも調子よくてこちらでも1000ドル勝ってしまいました。

私もこちらで紹介されていた商材を購入しまして毎日実践しています。

 

とりあえず5日連続で黒字を達成できています。

 

オンラインカジノもブラックジャックも始めてだったのですが、

 

マニュアルにわかりやすく解説されていたので問題なく取り組むことができました。

 

情報ありがとうございます。

私もお金が増えていっているので、今回の商材購入は大変満足しております。

 

あとは、毎月の定収入になることができたらいいなぁと思っております。

ありがとうございました。

 

一度はドン底を味わいましたが、逆転人生に成功しました。

・・・・なので、ルーレットがこれほど稼ぎ安いとは思いませんでした。

 

今まで競馬とパチンコではある程度稼ぐことはできたのですが、

 

オンラインカジノで稼げる金額は、それまでよりも1ケタ多い額だったので

 

実際に引き出して手元にお金が届くまで、実のところ半信半疑でした。

 

つまり、一見稼げるように見せかけて騙されるのではないかと思っていたのです。・・・・

5号機の時代とともに、目覚めたのがオンラインスロットでした。

 

4号機の爆発力を上回るこのギャンブルに、すっかり魅了されています。

 

カジノのスロットは、はっきり言って、ホールの5号機より断然勝てます。

 

しかも短時間で大幅に勝つことが可能なので、

 

私はオンラインスロットがやめられません。

10数回スピンしたただけボーナス絵柄が停止。

 

ボーナスラウンドへ突入した!打った時間はほんの10分程度。

 

オンラインスロットは、短時間でガッツリ稼げるのです。

このサイトに出会ってからオンラインススロットにはまって一年ほどになります。

 

最初にドカンと5000ドルくらい儲かってしまい、その後、多少の浮き沈みはあったのですが、

 

トータルで40000ドルのプラスを維持できています。

 

私はスロットが得意なのでもっぱらスロットをやって、たまにバカラをやります。

 

バカラも比較的うまくいっていますが、逆にルーレットはダメですね。

 

今度はブラックジャックもやってみようと思います。

2014年9月現在で私たちの仲間内での最高金額は3年間で5千万円稼いでしまった人がいます。

 

 

 

 

日記風・・・本当にあった実話です。その時のブログの文章を再現しています。

 

 

 

遂に出ちゃいました!!!!

 

以前にこのサイトから登録した友人が1万ドルのジャックポット

 

を当ててしまったって書いたのをご記憶の方がいらっしゃるかと思います。

 

 

で、またなんです・・・・・。

 

今度は別の人なんですが・・・

 

やっぱり6千ドル相当の当たりを稼いでしまったそうです・・・・。

 

 

 

それだけじゃないんです・・・・・。

 

次々と成功報告が入ってきちゃって、一体どうなっているのやら!

 

今日、報告してくれた方は、一日で5000ドル稼いだそうです。

 

日給50万円ですよ、それww。

 

もうやんなっちゃいます。

 

 

・・・と書いてからほんの一週間後・・・・。

 

ところが、

 

一日で1千5百万円稼いじゃった人がいるのです。

 

 

私とメールでやりとりしている正にその時だったので、

 

私はリアルタイムでそれに立ち会っちゃいました!!!

 

 

スロットでジャックポット当てたそうです!

 

もうそのオンラインカジノサイトに名前出てますね。

 

 

私のオンラインカジノの師匠みたいな人なので、

 

あらためて尊敬するとともに悔しい思いをしておりますww。

 

 

だって、その人初めてじゃないんですよ。

 

前にも数百万クラスを何度も稼いでいるのです。

 

 

その彼がプレイしているのは、ブラックジャックとスロットが主だそうです。

 

戦略的にブラックジャックで資金を稼いで、

 

一気にプログレシブ狙いでスロットで勝負するのだそうです。

 

 

スロットも軍資金が多いほうがプログレシブが当たる確率が高まるんだそうですよ。

 

 

 

で、別の知人が教えてくれたんですが、

 

 

「このサイトから登録するとジャックポットが当たる」

 

 

って噂が流れている・・・って・・・。

 

 

おいおいおい!マジですか?

 

だったら紹介者の私にも分け前をくれーーーーーっ!(笑)

 

 

かるーーく確率を計算してみました。

 

このサイトを訪れた3万1千人のうち数百万円のジャックポット級の当たりをゲットした人の数・・・・把握しているだけで10名です。

 

 

約0.3パーセントですね。確率からいうと低いですか?

 

1000人中3人です。

 

もっと砕いて言うと、330人中に一人です。

 

かなり現実的な数字だと思いませんか?

 

 

 

宝くじの確率と比べてみてください。

 

宝くじの一等の当選確率は1千万分の一です。

 

つまり、例えば、日本の国民一億人として、宝くじを一本づつ買ったとて、

 

その中で一等が当たるのはわずか10人だけです。

 

各都道府県に一人づつさえ当たらないのです。

 

 

それに、月に数十万クラスの儲けを出した方の数は、

 

正確には把握していませんが100人以上はいると思われます。

 

確率は数パーセントにはねあがります。

 

 

さらに身近に感じられませんか?

 

しかも、この計算は相当控えめに算出しています。

 

だって、サイトを訪れた人の数は3万人ちょっととしても、

 

全ての方が登録してプレイしたわけではないのです。

 

 

そのうち、登録→プレイ→報告してくれたら

 

初めてこちらで把握できるわけです。

 

 

つまり、実際の登録してくれた人数は

 

3万人よりもっと遥かに少ないはずです。

 

さらに、大きく稼いでも報告してない人もいるかもしれません。

 

 

この

 

大成功を収めた方々の数は氷山の一角

 

の可能性がかなり高いのでは?と考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

儲かる商売の裏側

 

 

 

オンラインカジノに関して、

 

経済事情の観点からとても客観的に書かれた評論見つけましたのでご紹介します。

 

 

 

Jnews.comより抜粋します。

 

海外カジノ業界が日本市場を狙う理由と既得権益との攻防
written in 2006/12/12

 

 副業で大きく稼ぐ方法がある──

 

といわれてまず思いつくものは株取引だろう。

 

無職の若者がオンライントレードで数十億円儲けたという話も記憶に新しい。

 

こうした“成功談”が刺激となって、ネットでの株取引に参加する人口はここ数年で急増した。

 

じつはこのネット株人口の増加が、ギャンブル業界に深刻な影響を与え始めている。

 

「株式投資はギャンブルか否か」という議論はさておき、株が射幸心を煽る娯楽の一つであることは事実で、

 

そこでの顧客(個人投資家層)は従来の競馬やパチンコ業界と一部が重なっている。

 

どうやら今まで競馬やパチンコに興じていた層が、

 

より有利に稼げるという理由でネット株に移行しはじめている様子なのだ。

 

パチンコ業界を例にとると、ここ数年の客離れは著しく、この十年間でパチンコ人口は半分近くにまで減少している。

 

最近のパチンコは1回の大当たりで一度に高額を稼げるようになった反面、当りの確率が低くなったために、

 

わずか数十分で数万円をすってしまい、「パチンコがおもしろくなくなった」という往年のファンも多い。

 

とはいえ、パチンコから離れた層がすべて株式投資へ流れているわけではない。

 

そこでひそかに進行しているのが海外のオンラインギャンブルである。

 

これらはオンラインカジノ(賭博場)として、

 

Webサイト上でラスベガスのカジノさながらにゲームプレイができるサービスで、

 

実際に金銭を賭けて遊ぶことができる。

 

ゲームのディーラーは人間ではなく、コンピュータソフトウエアである。

 

ポーカーやスロットマシンの他に、

 

スポーツの試合から政治選挙にいたるまでその勝敗に賭けるスポーツブックなども、

 

オンラインギャンブルの一つである。ネット上のカジノであれば、

 

日本国内からでも簡単にアクセスしてプレイできるため、

 

現実にオンラインギャンブルサイトで稼ぐことを生業としている若者もいる。

 

そもそも「オンラインギャンブルは違法行為」と思っている人は多いが、

 

そこには誤解やグレーゾーンが存在していて、

 

現時点では日本国内のユーザーが海外のオンラインカジノで楽しむこと自体は違法とはいえない。

 

そこでオンラインカジノサイトを合法的に運営できる英国などの起業家は、

 

サイトを日本語化して日本のギャンブルファンを顧客として囲い込もうとしている。

 

その動きが日本国内で認められている公営ギャンブルやパチンコ、宝くじ業界へ影響を及ぼし始めているのだ。

 

一方、米国ではオンラインカジノを禁止する法律を施行しようとしているが、

 

そこには「青少年にカジノは悪影響だから」という単純な理由ばかりでなく、もっと根深な国際貿易の問題が絡んでいる。

 

 

 

 

「お金をもうけると誰かのお金が減る?!」という質問への回答が完璧すぎる!

 

あまりにも素晴らしいのでこちらでシェアさせていただきます。

 

http://heaaart.com/post/42578より

 

Yahoo!知恵袋で「お金をもうけることは誰かのお金が減るということ。

 

本当にいいのか?」という質問をした人に対してベストアンサーが付いた回答が完璧すぎると話題になっています。

 

 

 

 

話題になっているベストアンサーがこちらです!!!

 

富という物は、増える物なのだよ。そのメカニズムを説明いたしましょう。

 

たとえば、世界に二人(A君とB君)しか人間がいないとしよう。

 

そして、1万円札が1枚だけあるとしよう。

 

この時点では、世界全体の富の合計金額は、たったの1万円ということになる。

 

最初、A君が1万円札を持っていたとしよう。B君はそれが欲しかったので、A君のために家を作ってあげて、A君に1万円で売ってあげた。

 

その結果、今度はB君が1万円札の所有者となった。A君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。

 

この時点で世界全体の富の合計金額は2万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家)

 

次に、A君くんは、ふたたび1万円札が欲しいと思い、B君のために家を作ってあげてB君に1万円で売ってあげた。

 

その結果、今度はA君は1万円札と家の所有者となった。

 

B君の手からは1万円札が失われたが、かわりに家が残った。

 

この時点で世界全体の富の合計金額は3万円ということになります。(1万円札+1万円相当の家が2軒)

 

こうして、A君とB君との間を1万円札が行ったり来たりするたびに、A君とB君の手元には、様々な不動産や価値ある品物が増えていった。(つまり世界全体の富の合計金額が増えていった)

 

やがて、二人は良い考えを思いついた。お互いに価値ある財物をたくさん所有するようになったので、それらを担保として1万円札をもっとたくさん作ろうと。(10万円相当の財物を担保に1万円札を10枚作るということ)

 

その結果、もっと多くのお金が二人の間を行き来するようになり、もっとたくさんの財物が生産されるようになった。

 

以上です。

 

 

 

設定にやや無理がありますが、原理は真実です。

 

世の中の各人が「お金が欲しい!」と思い、お互いに努力し、生産し、サービスを提供し、つまりは経済活動をすればするほど、世の中全体の価値ある品物・価値あるサービス・財産、つまり富は増えていくのです。

 

要するに、あなたがお金を儲ければ儲けるほど、世の中全体も豊かになっていくのです。

 

あなたがお金を儲けたということは、それに相当するだけの価値を誰かに提供したと言うことでしょう?

 

つまり「A君に作ってあげた家」を創造したと言うことでしょう?

 

あなたは儲ければならない。なぜならば、それが世の中全体を豊かにすることに直結しているのだから。

 

たとえば、今中国が急速に経済成長し、国全体の富が急激に増えているのは、先ほどのA君・B君の営みを10億人規模で(それこそ血眼になって)やっているからです。

 

つまり、多くの人々が「お金を儲けよう!」と必死で頑張ると、世の中の富は無限に増えるのです。

 

今の日本が経済的に縮んで(つまり貧乏になって)いっている理由は、多くの人々が「お金を儲けよう」としなくなったからです。

 

出典 知恵袋

 

 

 

 

 

【ベアビック法】

 

 

ルーレットの賭け方は最初0〜36まですべてに1ドル賭ける。

 

そして「スピン」をクリックする。

 

そうすると1ドルマイナスになりますが倍率が36倍で37ドル賭けているから1ドル負けるのは当たり前の話。

 

 

2回目に、最初に出た番号と0を除いて1〜36まですべてに1ドルずつ全部で36ドル賭ける。

 

そして「スピン」、36ドル戻ってプラスマイナス0ドルここで負ける確率は37分の1(負けるわけない)

 

 

3回目から収入が発生します。

 

3回目に、また2回目の「スピン」で出た番号と0を除いて1〜36まですべてに1ドル賭ける。

 

すると、35ドル賭けて36ドル戻ってくるので1ドルプラスとなる。

 

 

次の「スピン」で同様に出た数と0を除いて1〜36まで1ドル賭けで「スピン」する。

 

これを繰り返すと、5回目の「スピン」で5ドルプラス6回の「スピン」で9ドルプラスになります。

 

経験上、5回目までがベストだと思います。6回目以降だとだんだん確率が悪くなってきます。

 

ここまでやったら、1度リセットして最初からやり直しこれを繰り返します。

 

そしてやっかいなのが除いた数と0が運悪く出てしまった場合

 

やはり同様に初めからやり直します。

 

 

また0が出た次の回から5回だけ(これは重要です。これ以上は危険です)1つにつき8ドル賭けます。

 

そうすれば0が出て35ドル失ってもすぐに取り返せます。

 

面倒かも知れませんが、それが勝つ秘訣です。

 

 

 

勝つ確率を考えてこれ以上の高確率は他のゲームには無いです。

 

何度か負けるようなら悔しいけど、その日はきっぱり止める事が大事です。

 

そして、慣れてきたら収益の出る3回目から賭ける金額を上げるのです。

 

5ドル、10ドル、あるいは100ドル単位で賭けていけば、それだけ早く稼げます。

 

 

 

 

 

 

 

≪中級偏≫

 

 

 

【65パーセント法】

 

ルーレットの確率3分の1のところに賭ける方法です。

 

1−12と13−24と25−36のうちいずれか2つに賭けていくのです。

 

例えば、今1−12と13−24のエリアに賭けたとします。

 

この場合、25−36か0か出なければ勝ちです。

 

 

 

その勝率は?

 

約65パーセントです。

 

理論上3度に一度は負けることになります。

 

 

 

しかし、現実は理論どおりにはいきません。

 

偏りがあります。この偏りが味方になってくれる時も敵になることもあります。

 

味方になってくれた時に勝ち逃げするのが、カジノで稼ぐ賢い方法です。

 

 

偏りが味方になってくれないと思ったら、その日はツキがないと諦めさっさと切り上げることです。

 

理論上、数をこなせばこなすほど勝率65パーセントに近づくので、必ず勝てることなります。

 

しかし、落とし穴があります。それは、勝ち負けの上下の波があります。その波にも大小あるのです。

 

 

その大きな波の下限が手持ち金の額を超えた時、プレイヤーはパンクしてしまいます。

 

だから、その波の上限を見切ってうまく切り上げるのが勝つコツなのです。

 

 

例えば、持ち金5000ドルでスタートする場合、ベットは100ドルづつです。

 

持ち金が500ドルならベットは10ドルです。

 

つまり1ベットは所持金の2パーセント(実際は2箇所賭けるので4パーセントです)ぐらいが丁度いいということ。

 

このくらいのベットなら、ある程度の額を短時間で稼げるし、

 

負けが込んで下限の波が最下位に来ても資金が尽きる(パンク)前に挽回するだけの回数を稼げるはずです。

 

 

 

0が出た場合は、3つのエリア全てに賭けます。

 

0が連続で出ない限りプラスマイナス0です。

 

何のためにこんなことをするかというと、振り出しに戻って1−12と13−24と25−36のうちいずれか2つに賭けるためのデータを取るためです。

 

 

 

この方法はある程度ハイリクス、ハイリターンですが、65パーセントの勝率にかけてみるのも、たまにはいいですよ。

 

カジノに完璧な攻略法なんて存在しません。

 

それでも他のギャンブルに比べても65パーセントという高い勝率で勝負できるのはオンラインカジノの旨みといえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

【モンテカルロ法】

 

 

元々はシミュレーションや数値計算を乱数を用いて行なう手法のことですが、モナコ公国モンテカルロのカジノを破産させたと言われる攻略法。

 

配当率が3倍のものに有効な戦略です。

 

 

1 まず、紙を用意し、そこに1、2、3と書き入れます。これが基本となります。

 

2 両端を足した合計が最初の投資金額です。つまり初めの賭け金は4ドルです。

 

3 もし負けたら、1、2、3の後に4と書き足します。

 

そして、その両端、つまり1と4を足した合計(5ドル)を賭けます。

 

ここで勝ったら振り出しの初回投資額(4ドル)を賭けます。

 

4 以降、負けが続けば数字を一つずつ増やしていき、常に両端を足した合計を賭けていきます。

 

5 的中したら、その時点で両端から2つずつ、数字を消去します。

 

賭け率2倍のベットやブラックジャック、バカラの場合は両端の数字を一つづつ消していきます。

 

6 2つずつ消去して数字が一つだけ残るか、あるいはなくなったら終了。

 

 これで1セットです。

 

この時点で収益が発生しています。続ける場合は、1に戻ります。

 

 

この攻略法はルーレットのほか、ブラックジャックとバカラにも使えます。

 

 

 

 

 

【検証してみました】

 

スタート金額=500ドル

 

終了金額=618ドル

 

収益=118ドル

 

終了までのサイクル=20サイクル

 

所要時間=1時間

 

 

 

 

 

 

 

≪上級偏≫

 

 

 

 

【98.48パーセント法】

 

 

 

この方法は前記の65パーセント法を発展応用させたものです。よくオークションなどで有料で販売されている情報です。

 

まず、分かりやすくするために解説においては、 1st12( 1〜12)を1枠、

 

2nd12(13〜24)を2枠 3rd12(25〜36)を3枠 と表現(ダズン)し、

 

再下段の3つの1to2に関しては、

 

左から A列(1 4 7 10 13 16 19 ・・・34)

 

B列(2 5 8 11 14 17 20 ・・・35)

 

C列(3 6 9 12 15 18 21 ・・・36) と表現します(カラム)。

 

 

オンラインカジノ攻略法の研究オンラインカジノ攻略法の研究

 

 

@ とりあえず、賭けないでルーレットの「SPIN」をクリックしてゲームを開始します。

 

(スルーできないタイプの場合は「赤」と「黒」両方に最低ベット賭ける)7の目が出たとします。

 

7は、1枠とA列に属します。

 

A 続いて「SPIN」をクリックして1ゲーム目を始めます。

 

1枠(1〜12)あるいはA列(1 4 7 10 13 16・・・ 34)に 属する数字あるいは0が出れば、スルー1として2ゲーム目に 進みます。

 

 

たとえば、1ゲーム目で、9が出た場合は、7と同枠として2 ゲーム目に進みます。

 

2ゲーム目は、A列はスルーの対象から外れ、1枠のみが対象 となります。

 

1ゲーム目で、7と枠・列のいずれも一致しない数字が出た場 合は、その数字の枠と列と0 を基本として Aに戻ります。

 

例えば、1ゲーム目で36が出れば、3枠とC列を基本としてAに戻ります。

 

0が出て場合は、スルーが成功として次のゲームに進みます。

 

 

B 1ゲーム目で同枠または同列の数字あるいは0が出た場合は、「SPIN」をクリックして2ゲ ーム以降を進めます。

 

例えば、3が出た場合は、7・9・3と同枠の数字が連続していますので、スルー2として 3ゲーム目に進みます。

 

1枠と0以外の数字(13〜36)が出れば、その数字の枠と列を基本として、Aに戻ります。

 

 

C A〜B同様にスルーを続けながら、希望する勝率に達するまでゲーム数を進めます。

 

3ゲームからチャレンジするならば、連続している1枠を外して2枠と3枠に賭けます。

 

3ゲーム目の的中率は、95.66%ですので、稀に不的中のケースがあります。

 

3ゲーム目をスルーして1枠(1〜12と0)の数字が出れば、スルー3として4ゲーム目 に進みます。

 

3ゲーム目をスルーして1枠以外の数字が出れば、その数字の枠と列を基本として、Aに戻 ります。

 

4ゲーム目からチャレンジするならば、連続している1枠を外して、2枠と3枠に賭けます。

 

4ゲーム目の的中率は、98.48%です。

 

もちろんルーレットの回転そのものは以前の回転の影響を一切受けないという考え方もできますが、

 

同じ目、同じカテゴリーが連続する確率から見た観点も成り立つわけです。これは、その論点に基づいた攻略法といえます。

 

******************************************

 

【検証してみました】

 

 

今回は3度同じカテが出たら4度目にベットする方法で行いました。

 

つまり98.48パーセントの勝率です。

 

実際のベット数は17回です、うち勝ちが13回、負けが4回です。

 

実際の勝率は76.5パーセントでした。

 

 

 

 

検証結果

 

 

回数=67回 

 

所要時間=約3時間 

 

スタート金額=500ドル

 

終了金額=830ドル 

 

収益=330ドル

 

 

 

時給換算すると約1万3千円くらいです。悪くないでしょ?

 

それにしても、出た目を紙に書いたり、並びを見て連続しているものを数えたり、

 

それ以外にも途中お茶入れたり、お菓子食べたり、友だちと電話したり、ダラダラとやって3時間です。

 

慣れてきて集中してやれば、たぶん1時間かそこらでできますね。

 

この3時間にしても、もう飽きてきたから止めただけで、続ければもっと稼げた可能性だってあります。

 

この1万3千円の時給をもらえる仕事って何があるのでしょうね?

 

大企業の重役クラス?超有名アーチストやタレント?・・・・・なるまでに大変だし、なれる人はごくわずかでしょうね。

 

あとは、激しくてキケンが伴う肉体労働?・・・・・・・命がなくなっては何にもなりませんね。

 

風俗関係?・・・・・・・これも誰でもなれるわけじゃないし、病気も怖いし・・・・。

 

それが、マウスを動かしてクリックし続けるだけの単純作業で、それらの労働と同じくらいの報酬を得られてしまうのです。

 


【東京カジノ ルーレット】98.48%法を活かした増やし方

 

 

 

 

こんな記事を見つけました。

 

そして、ある衝撃の事実に気づいてしまいました!

 

以下引用しますので読んでみてください。

 

 

ココから引用↓

 

その日も午前0時を過ぎた頃、あの「ルーレット」男は、またもやなかなかいいオンナを連れてやってきた。先週は3回の来店で、100万円以上をオレの管理するカジノ店舗から抜いていった男だ。

 

この男の『ルーレット攻略法』はルーレットの外枠、配当が3倍のA、B、C,のラインのうち、2カ所を適当に選んで$100ずつ賭けるだけ。悔しいことに時間と共にジリジリとチップが増えていく。

 

賭け方では2カ所のうちどちらかが当たれば$100が増えることになる。日本の裏カジノのルーレットではアメリカンスタイル「0、00」のウィルを使用しているので、賭けれる番号は38通りある。

 

けれども、男のこの手法で賭けていくと38分の24カ所が当たりで、残りの14カ所が外れとなっている。

 

なかなかいいオンナを連れてくるこの男は、別に悪いことをしている訳でもないのだが、来店のたびに勝って帰ること、一緒に来るなかなかいいオンナがスタイルも愛想も良くセクシーで、店側のオレたちにとっては羨ましすぎる光景だ。

 

そのカップルは、ただカジノでルーレットを楽しんでいるだけなのだが、勝ちすぎていくお客さんは、オレたちカジノ側にとっては好まれることはない。この男の利益が200万円を越えた時に、出禁リストへ入って頂くことをオレたちは決めた。

 

他のテーブルゲームのバカラでは、200万程度の勝ちは良くあることだが、ルーレットでの200万円は少し状況が違い、更にこの手法での賭け方では回収はほぼ不可能であることが要因だ。

 

少し状況を見ていたが、この男の『ルーレット攻略法』、負けるときあるにはあるが、ジリジリと増えていく可能性の方が高い。残念ながらこの男は7回来店してきて一度も負けはなく、カジノ店が設定した上限の200万円へ到達してしまった。

 

柔らかく説明をして納得してもらい出禁リストへ入って頂くことになった。

 

この『ルーレット攻略法』では地味で時間は掛かるがチップが増えていくことが証明できた訳だ。ということは、他店のカジノ店へ行ってこれを繰り返せば誰もが勝てる手法になる?

 

オレは時間のあるときに店内でこの手法を試して少し改良を加えながら一つの『ルーレット攻略法』へたどり着いた。

 

引用ここまで

 

記事引用
【穴】裏カジノ店出禁印!プロディーラーが明かすルーレット攻略法 2/3

 

 

これを読んで「あっ」としてしまいました。

 

なぜなら、この話に出てくるルーレットプレイヤーがもしかしたら私の知っている、「あの人」かもしれないからです。

 

私のサイトやブログなどで何度か取り上げたことがある「ルーレットマスター」の彼である可能性がかなり高いのです。

 

ルーレット一本でオンラインカジノや世界中のランドカジノを渡り歩いて稼ぎに稼ぎまくって日本円で数千万円ものゲットしたツワモノです。

 

その彼が国内の裏カジノでも同じことをしていたとしても不思議ではないのです。

 

しかもルーレットだけでそこまで稼ぐ人って実はそんなに多くないのです。

 

というか難しいのです。

 

ルーレット程度の控除率で収支をプラスに維持することはかなりの難易度なのです。

 

だから彼であることを限定する可能性が高いこと。

 

もう一つ、大きなヒントがあります。

 

この文章に出てくるルーレットの賭け方。

 

ダズンの2枠を狙うという方法。

 

正に彼がやっていた「98.48パーセント法」という攻略法そのものです。

 

(この攻略法、私もやったことあるけどマジで凄いです。このページに書いてあります。

 

なので、ますます彼である可能性が高まりました。

 

今では、彼は確かシンガポールかマレーシアかどちらかに永住してノンビリ暮らしているはず。

 

たぶん、この話は彼が永住する前の話だと思います。

 

いずれにせよ、ほんとにすごいツワモノっているのです。

 

彼以外にも何人か知っています。

 

これがオンラインカジノの恐るべき世界なんです。

 

 

 

 

 

【ブラックジャック編 検証結果:ストラテジー表 プラス モンテカルロ法】

 

 

上のベーシックストラテジー表どおりに、ベットシステムはモンテカルロ法。
オンラインカジノ攻略法の研究
15サイクルで、所要時間は約40分。

 

62回の勝負で勝ち37回、負け25回。
ストラテジーを駆使しての勝率は60パーセントでした。

 

500ドル、スタートの608ドルで終わりました。

 

108ドルの儲けです。

 

 

この2つの方法を組み合わせると、ブラックジャックでは無敵です。
インペリアルカジノでは、ストラテジー表を使用してプレイした場合の還元率が99.7パーセントというデータがあります。

 

シングルデッキ・ブラックジャックを選ぶのがポイントです。カウンティングしやすく、さらに的中率が上がります。

 

オンラインカジノは初心者でも稼げる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【31法=2連勝法】

 

この方法はバカラなど2倍賭けのベットに使えます。

 

 

まず、31枚のチップを資金として用意します。

 

1枚づつは1ドルでも5ドルでも10ドルでも構いません。

 

 

この攻略法の目的は2連勝して勝つことです。

 

2連勝することによって利益が発生します。

 

 

決められたシリーズベットの中ならどこでも、1回勝った時の利益をそのまま上乗せして2連勝目に賭けます。

 

それが成功すればそのシリーズは終わり、それまでの損失を補填して同時に利益を発生します。

 

このシステムの背景にある発想は、9回賭ける間にどこかで2連勝があればいいというものです。

 

 

具体的に説明します。

 

次のような単位でベットしていきます。

 

合計すると31枚(31単位)です。

 

 

 レベル1  1 1 1

 

 レベル2  2 2

 

 レベル3  4 4

 

 レベル4  8 8

 

 

このように9回の勝負を通じてベットの単位が4段階に増やされていきます。

 

次の場合にシリーズは終了です。

 

 

 a. 2連勝した時(その後はまたレベル1の最初に戻ります)

 

 b. 負けた時(しかし、シリーズベットは前記計画のまま継続します)

 

 

最初の1枚のチップを賭けて負けたらシリーズは終わりです。

 

その時点でチップ1枚の損失。

 

次にレベル1の2回目の1枚を賭けます。

 

それに勝ったら、2枚を丸ごと賭けます。

 

そこで負けたら連勝はならず、チップ2枚の損失。

 

しかし、レベル1の3回目の1枚が残っています。

 

その1枚を賭けます。

 

しかし、また負けたとします。

 

これでチップ3枚の損失です。

 

 

 

ここからレベル2に入ります。

 

今度はチップ2枚づつ賭けます。

 

レベル2の1回目の2枚で勝ったとすれば、次に4枚丸ごと賭けて連勝を狙います。

 

そこでようやく連勝を果たせば8枚のチップが手に入ります。

 

そこまで5枚使って8枚取ったわけで損失が補填され3枚の利益となります。

 

 

これで上記(a)の条件を満たしたのでシリーズが終了し、またレベル1の1回目の1単位のベットから始めます。

 

このようにどこかで2連勝すれば、それまでの損失が補填されて利益が発生するものです。

 

 

では、もしレベル4の2回目の8単位をベットするまで2連勝できず、

 

最後まで負けてしまったらどうなるかといえば合計31枚(31単位)負けるということになります。

 

つまり、最悪負けた場合の損失を事前にコントロールすることができます。

 

最後の最後、レベル4の2回目の8枚で勝ち、次に16枚賭けてやっと連勝した場合は、それまでに31枚使って32枚取ることになり、

 

9回のシリーズベットを通じて9枚の利益となります。

 

 

 

31枚のコインを賭けるのさえイヤだという方は、これを応用して、もっと小額のシリーズを設定する方法があります。

 

この1、1、1、1、2、2、4、4、8、8のパターンを以下のようにすれなど応用ができます。

 

 

1、1、1

 

2、2

 

 

 

こうすれば、最大負けても合計で10枚のチップ損失で抑えることができます。

 

 

 

バカラに挑戦!! 31システム法を活用してみました

カジノ攻略 「31システム法」をライブバカラde試す!

 

 

 

 

 

 

 

13法(サーティーン法)13日の金曜日法

 

 

この方法は、上記のバカラなど2倍賭けのベットに使う「31法」というシステムベットをアレンジしたオリジナルの攻略法です。

 

バイナリーオプションでも使えます。

 

別名「13日の金曜日法」です。

 

この攻略法を発案したのが金曜日だったから、このように命名しました(笑)。

 

 

 

まず基本となる理論をご説明します。

 

 

まず、13枚のチップを資金として用意します。

 

1枚づつは1ドルでも5ドルでも10ドルでも構いません。

 

 

 

 

この攻略法の目的は2連勝して勝つことです。

 

2連勝することによって利益が発生します。

 

 

 

決められたシリーズベットの中ならどこでも2連勝目に賭けます。

 

それが成功すればそのシリーズは終わり、

 

それまでの損失を補填して同時に利益を発生します。

 

このシステムの背景にある発想は、

 

6回トレードする間にどこかで2連勝があればいいというものです。

 

 

 

具体的に説明します。

 

次のような単位でベットしていきます。

 

合計すると13枚(13単位)です。

 

 

 

 レベル1  1 1 1

 

 レベル2  2 3

 

 レベル3  5

 

 

 

このように6回のトレードを通じてベットの単位が3段階に増やされていきます。

 

次の場合にシリーズは終了です。

 

 

 

 a. 2連勝した時=勝ち。(また1からスタートします)

 

 b. 6回連続して負けた時=負け。

 

 c. 2連勝できずに6回勝負が終わった時。勝つパターンと負けるパターンがあります。

 

 

大体5連敗とか6連敗を喫しない限りは利益が出ます。

 

目安は5連敗したら負けと考えてください。

 

つまり2連勝が先にくれば勝ち、5連敗が先にくれば負けです。

 

 

 

 

最初の1枚のチップを賭けて負けたらその時点でチップ1枚の損失。

 

次にレベル1の2回目の1枚を賭けます。

 

それに勝ったら、次の1枚を賭けます。

 

そこで負けたら連勝はならず、チップ2枚の損失。

 

 

 

ここからレベル2に入ります。

 

今度はチップ2枚づつ賭けます。

 

レベル2の1回目で勝ったとすれば、次に連勝を狙います。

 

そこでようやく連勝を果たせば5枚のチップが手に入ります。

 

そこまで3枚使って5枚取ったわけで損失が補填され3枚の利益となります。

 

 

 

これで上記(a)の条件を満たしたのでシリーズが終了し、

 

またレベル1の1回目の1単位のベットから始めます。

 

このようにどこかで2連勝すれば、それまでの損失が補填されて利益が発生するものです。

 

 

 

では、もしレベル3の5単位をベットするまで2連勝できず、

 

最後まで負けてしまったらどうなるかといえば合計13枚(13単位)負けるということになります。

 

つまり、最悪負けた場合の損失を事前にコントロールすることができます。

 

 

 

 

 

 

 

【ウィナーズ投資法】

 

勝敗の確率が2分の1のゲームに有効。

 

例えばコインの表か裏を当てるゲームをするとします。

 

表が"○"で裏が"×"です。

 

表と裏の数が揃った時点で1セットが終了です。

 

つまり"○"と"×"の個数が同じになったら1セット終了という事です。

 

まず最初に100円を賭けたとします。裏(×)が出たので-100円です。

 

 

1回

 

×

 

100

 

2回目も100円を賭けます。また裏(×)が出たので合計で-200円になりました。

 

1回2回

 

× ×

 

100 100

 

そして2回連続裏(×)が出た場合は、最初に賭けた金額(オレンジの位置)の2倍を3回目に賭けます。

 

つまり3回目は200円を賭けることになります。

 

また裏(×)が出たので合計で-400円となりました。

 

1回2回3回

 

× × ×

 

100 100 200

 

前回がはずれた為、4回目はもう一度同じ部分(オレンジ位置)の金額の2倍を賭けます。

 

今度は表(○)が出たので合計で-200円になりました。

 

1回2回3回4回

 

× × × ○

 

100 100 200 200

 

前回表(○)が出たので、5回目は先ほど2倍していた位置から1つ右にずれた位置(オレンジの位置)を2倍して賭けます。

 

裏(×)が出たので合計で-400円となりました。

 

1回2回3回4回5回

 

× × × ○ ×

 

100 100 200 200 200

 

前回は裏(×)が出たので、6回目は先程と同じ位置(オレンジの位置)を2倍して賭けます。

 

裏(×)が出たので合計で-600円となりました。

 

1回2回3回4回5回6回

 

× × × ○ × ×

 

100 100 200 200 200 200

 

前回は裏(×)が出たので、7回目も同じ位置(オレンジの位置)を2倍して賭けます。

 

表(○)が出たので合計で-400円となりました。

 

1回2回3回4回5回6回7回

 

× × × ○ × × ○

 

100 100 200 200 200 200 200

 

前回が表(○)だったので、8回目は先ほど2倍していた位置から1つ右にずれた位置(オレンジの位置)を2倍して賭けます。

 

また表(○)が出たので合計でプラスマイナス0円となりました。

 

1回2回3回4回5回6回7回8回

 

× × × ○ × × ○ ○

 

100 100 200 200 200 200 200 400

 

前回が表(○)だったので、9回目は先ほど2倍していた位置から1つ右にずれた位置(オレンジの位置)を2倍して賭けます。またまた表(○)が出たので合計で+400円となりました。

 

1回2回3回4回5回6回7回8回9回

 

× × × ○ × × ○ ○ ○

 

100 100 200 200 200 200 200 400 400

 

前回が表(○)だったので、10回目は先ほど2倍していた位置から1つ右にずれた位置(オレンジの位置)を2倍して賭けます。

 

次も表(○)が出たので合計で+800円となりました。

 

1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回

 

× × × ○ × × ○ ○ ○ ○

 

100 100 200 200 200 200 200 400 400 400

 

10回目で表(○)と裏(×)の数が同じになったので、1セット終了となり、結果は800円のプラスとなりました。

 

このようにウィナーズ投資法は、表(○)と裏(×)の数が同じになった時には、必ず掛け金がプラスになっているのです。

 

ウィナーズ投資法はバカラのような2分の1の確率のゲームに有効です。

 

 

 

 

 

≪未検証偏≫

 

 

 

@0がひとつのルーレットでは3ドルから賭けることができます。

 

これは所持金が多いときに有効です。

 

A0がふたつのルーレット(0,00)では1ドルから賭けることができます。これは所持金が少ないときに有効です。

 

まず、やり方は、最初は@なら数字が三列あって三カ所かけるところがあるところ(右端)三カ所ともに1ドルずつ、計3ドルかけます。

 

Aなら赤か黒か(手前)のところに一ドルずつ、計2ドル賭けます。

 

そしてそれを続けて同じ目が5、6回続くときがあります。左上に表示されている。

 

この5、6回連続がくるまでまでずっと上の方法を続けます。

 

途中0、00が出ても無視します。

 

同じ色の目が5、6回続いたとき(5回目でもいいが、安全性を重視したいのであれば6回目)

 

次は赤か黒かで違う色の目に@なら3ドル、Aなら1ドルかけます。

 

次が違う色の目になれば儲けが出ます。そしてまた待ちます。

 

次が同じ目の場合、次はその倍かけます。それを繰り返します。

 

@3−6−12−24−48−96

 

A1−2−4−8−16−32−64−128

 

5、6回目からカウントするので@では5、6回目から7回同じ色が出るまでつまり12、13回同じ色の目が出るまで負けません。

 

Aでは5、6回目から9回目まで同じ色が出る、つまり14、15回同じ色が出続けるまで負けません。

 

実際にルーレットをやってみればわかると思いますが同じ色はせいぜい7回か8回までしか続きません。

 

まれに10回ほど行くときもありますが。

 

なのでこの方法であれば、@のやり方なら一時間で1万円程度稼ぐことができます。

 

Aのやり方は安全性重視で儲けは劣りますがさらに確実です。

 

賭額は増やしてくださってもかまいませんが、多少リスクは高まり、ハイリスクハイリターンとなりますのでご注意ください。

 

 

 

まず、お好きなルーレットで、予算は$35です。

 

自分の好きな数字5つに$1ずつ賭けます。

 

外れたら、それを繰り返します。

 

$35分全部外れてしまったらもうおわりです。

 

もし当たったら$36が手に入りますので、同じ5つの数字に今度は$35を5等分して$7ずつ賭けます。

 

それでまた当たれば成功です。$252が手に入ります。

 

ここでおしまいにします。

 

外れた場合は、また$1ずつ賭けて、$35が無くなったら終わりです。

 

確率的には絶対儲かるとは言えませんが、なぜか成功することが数回あります。

 

なお$252が手に入ってからそれをまた5等分して$50ずつ5箇所に賭けることはやろうとおもえばできないこともないですが、私はできません。

 

しかしもし当たったらなんと$1800が手に入ります!

 

この作戦のいい点は、予算が$35に限られていることです。なので大負けなどの心配がありません。健闘をお祈りします。

 

 

 

 

 

オンラインカジノのボーナスというのはよくありますが、

 

実はわりと厳しい条件がついています。

 

払い戻しの前に金額の何倍かを実際に賭けないといけないのです。

 

いいところで3倍、厳しいところでは24倍というところもあります。

 

更にルーレット、バカラ、クラップスでの賭けはカウントされないので他のゲームで賭けないといけません。

 

スロットなんかをやってしまうと大きく儲かるときはいいですが、そうでないときはアッという間になくなってしまうこともあります。

 

結局払い戻しに必要な金額を賭ける前にボーナスを使い果たしてしまうのです。

 

どうしたらいいでしょうか?

 

ポーカーがあります。

 

ポーカーは正しい戦術にもとづいてプレイすれば、99%以上の回収率が見込めます。ですからポーカーをねばり強くプレイすることで、

 

ボーナスの払い戻しに必要な賭けの金額まで達することができます。

 

これでなにが起きるかといいますと、例えばGaming Clubで$150を購入して、100%ボーナスを足して$300分のクレジットを手にします。

 

それから賭け金額が条件を満たすまでポーカーを正しい戦術でプレイするのです。

 

下に紹介する戦術だとポーカーのJacks or betterで99.46%の回収率を実現することができます。

 

すると手元に$298程度が残りますので、これを払い戻せば$150の投資で$298、すなわち約199%の回収率=$148の儲けを実現できます。

 

これをいくつかのカジノでボーナスをもらいながら繰り返せばすぐに$1000ドルくらいは稼げます。

 

それではポーカー(Jacks or better)で99.46%の回収率を実現する戦術を紹介しましょう。

 

まず大切なのは台を選ぶことです。

 

フルハウスが9倍、フラッシュが6倍であることを確認してください。これがフルハウスが8倍、フラッシュが5倍になっていると一気に回収率が下がってしまいます。

 

9倍、6倍であることを確認したらゲームを始めます。

 

5枚のカードが配られたら、以下の順序に従って、できるだけ上の方で可能な組み合わせのカードをhold(ホールド)します。

 

どこにも当てはまらない場合は、5枚ともホールドせずに全部交換します。

 

この順番は数学的統計的に算出されていますので、もっと大きく狙っていきたいと思う時でも、これに従わないといけません。

 

 

1. フルハウス以上がそろっている時はそのままhold

 

2. あと1枚でローヤルフラッシュ

 

3. ストレート、3カードまたはフラッシュ

 

4. あと1枚でストレートフラッシュ

 

5. ツーペア

 

6. ハイペア (Jack以上のペア)

 

7. あと2枚でローヤルフラッシュ

 

8. あと1枚でフラッシュ

 

9. 10以下のペア

 

10. あと1枚でストレート(両面待ち)

 

11. 同じ柄のJack以上のカード

 

12. あと2枚でストレートフラッシュ

 

13. 違う柄の2枚のJack以上のカード

 

14. 同じ柄で10とJackまたは10とQueen、または10とKing

 

15. 1枚のJack以上のカード

 

 

この順番を覚えるのはとても大変だと思いますので印刷するかメモをして手元において遊んでください。

 

 

 

 

 

ルーレットやクラップスで各ゲームの勝ち負けに応じてベットを変えていくマーチンゲール法のような方法はよく知られていますが、

 

儲けが少ないのと最大ベット額に達してしまうときがあるという欠点があります。

 

ここに紹介するのは、赤黒や偶数奇数のような当たる確率がほぼ半分の賭けで使えるもので、

 

最悪でもそれほど負けず、勝った時にはわりと大きく勝てるというものです。

 

方法は簡単です。

 

最初に$1を賭けたとして、負けたらまた次も$1を賭け、勝ったら最初に賭けた$1の1.5倍(最低単位が$1の場合が多いので$2)を賭け、

 

勝ったらまた1.5倍($3)、負けたら最初の$1に戻るというものです。

 

勝ち続けた場合は、$1、$2、$3、$5、$7、$10、$15、$20という風に賭けていきます。

 

8回連続で当たるということはあまりないと思いますので、$15まで賭けたらまた最初の$1に戻ります。

 

もちろんもっと早く$7や$10の段階で戻してもいいです。

 

この方法を使えば、$100を$120に増やす程度の目標であれば、成功することが多いです。

 

持ち金が逆に$70を切ってしまったら深追いせずにやめることです。

 

取り返そうとして負けているのに賭け金を増やしたらこの方法の意味がありません。

 

まずはゲストモード等で実験してみてください。意外と何度でもうまくいくのがお分かりになると思います。

 

 

 

 

 

カジノで勝つポイントは冷静さを失わないことです。

 

これまで負けたときは、必ず頭がカッカきていて完全に冷静さを失っていました。

 

そしてよく反省してみると、ルーレットでどういう時にカーっとなるかというと、「なんでこんなとこに来るんだよ!!」という時です。

 

例えば、12、3、27、9と3の倍数が4回続いた後、次は他の列だろうと他の列に賭けると今度は30が来てしまい「また3の倍数か!」と熱くなり、

 

「じゃあ」と他の列にどんと賭けてみたら、またしても3の倍数の15が来てしまったような時です。

 

これまででもっとも悔しかったのは、29が3回続いた時です。キーボードを叩いてしまいました。

 

そこで考えついたのが、悔しくないように、「これが来たら悔しいだろうなあ」というところに集中して賭けるのです。

 

そうすると、外しても悔しくなることはなくなります。先ほどの例でいくと、3の倍数が続いていたら、

 

さすがに次は他の列だろという心の声を聞いてから、わざとそれを外して3の倍数の列に賭けるのです。

 

この方法で不思議にあたるようになりました。

 

外しても悔しくないので大きく負けることもなくなりました。

 

9以下の一桁の数字が8回も続いた時に、また5が来て一桁の数字だった時も、見事に当てました。

 

というわけで、文字にしてみると我ながらインチキくさい攻略法ですが、効果があるので仕方ありません。

 

 

 

 

 

ペイアウト率応用スロット攻略法

 

 

ペイアウト率ランキングのページには、その結果の1年間の平均値を掲載しています。

 

もっと詳しい事実をここにいくつか並べてみましょう。

 

・1年を通してペイアウト率の変動が小さいカジノは少ない。

 

たとえば、カジノオンネットの0.33%や、Lucky Nuggetの0.58%、そして続くのがRiver Belleの0.64%等。

 

・逆に変動が大きいカジノはかなり大きい。

 

例えば、Home Casinoの4.12%、ShowdownCasinoの2.69%等。

 

Home Casinoは最高は98.71%だったが、最低は94.59%でしかなかった。

 

・全カジノの平均を月毎に計算してみると、月ごとの変動はあまり無いが、

 

それでも最高時の97.25%(2002年9月)に比べて、最低時は96.57%(2002年8月)と、0.68%の差がある。

 

さて、そもそもペイアウト率というものをどのように考えたらいいでしょうか。推測できることはいくつかあります。

 

・ブラックジャックやポーカー等確率的に結果が決まってしまうゲームの場合は、月ごとの変動もカジノ毎の差もほとんどない。

 

・月ごと、カジノごとに差がでるのはカジノ側が出玉率(?)を変更することができるスロットのみ。

 

・ひとつのカジノをとってみると、設備費や人件費等の固定費や宣伝費によって、ほぼ総合ペイアウト率の水準が決まってくる。

 

このようなことから私が導き出した仮説は、「過去1年の平均ペイアウト率に比べて非常に低いペイアウト率が出た場合、

 

翌月はスロットのペイアウト率が高まる傾向がある。逆に平均より高い月の翌月は、スロットのペイアウト率を低くして調整することが多い」というものです。

 

最初にのべたカジノオンネットやLucky NuggetやRiver Belle等の、売上が非常に大きいカジノの場合は、

 

こうした調整を毎日、毎週という単位で頻繁に行っているために、上に書いたような月ごとの変動はほとんど見られないのだと思います。

 

従って、この仮説=攻略法が活かせるのは、変動が大きいカジノであると言えます。

 

変動が大きなカジノの場合は、月単位でおおざっぱな調整を行っていると推測されるため、出しすぎた月の翌月は絞り気味にして、

 

逆に絞りすぎた月の翌月は客足が遠のかないように大盤振る舞いをするはずです。

 

そこで、結論ですが、「1年平均のペイアウト値よりも0.5%以上低いペイアウト率を出したカジノを見つけたら、

 

その翌月にスロットを狙う」ということになります。大した差ではないかもしれません

 

が、この逆をやるよりも確実に勝つ可能性は高くなります。

 

 

 

 

 

購入額とボーナス額の合計の10倍というような厳しい払い戻し条件(Mimimum WagerRequirement)をクリアする方法です。

 

除外ゲームが増えてきていることが更に事態を難しくしています。

 

以前はルーレットとバカラとクラップスは除くというのが普通でしたが、最近はブラックジャックも除いたり、ひどいところではポーカーも駄目だったりします。

 

要するにスロットで賭けろということです。

 

さすがに「ポーカーを除く」というところは今のところあまりないので、私はもっぱらポーカーでボーナス条件をクリアすることにしています。

 

以前は$25ずつ賭けて一気に終わらせようとしていたのですが、最近成功率が低くなり、おかしいなと思い、ちょっと計算をしてみました。

 

マイクロゲーミング系のJacks or Betterでの各役の出る確率を元にどのように賭けたらクリアする可能性が高いか表計算ソフトで頭を絞って計算しました。

 

下のような結果になりました。これは、$100購入して100%ボーナスをもらい、払い戻し条件が購入+ボーナスの10倍($2,000)という前提です。

 

それぞれ1,000回試行した結果です。

 

 

$25ずつ賭けた場合: $2,000をクリアする確率 30%

 

$10ずつ賭けた場合: $2,000をクリアする確率 44%

 

$5ずつ賭けた場合: $2,000をクリアする確率 64%

 

$2ずつ賭けた場合: $2,000をクリアする確率 87%

 

$1ずつ賭けた場合: $2,000をクリアする確率 96%

 

 

クリアするという意味は、$2,000を賭ける前に持ち金がなくならないという意味です。クリアすれば残金を払い戻せます。

 

この結果を見ますと、ポーカーは役が出る確率にだいぶばらつきがあるので、$25等の大きい金額でやると何も当たらずに終わってしまう確率が高いことが分かります。

 

逆に$1ずつじっくり賭ければ、ほぼ成功することがわかります。

 

$1だと2,000回も賭けないといけないので、これでは何のために遊んでいるのかわかりませんが、確実に儲けたい人はこの計算結果を参考にしてください。

 

私はわかっていてもつい大きく賭けてしまいますね。それがギャンブルというものなのでしょう。

 

なお、注意点ですが、ボーナス条件をクリアしてきっかりのところで払い戻すと、

 

Bonus Abuse(ボーナスの乱用・誤用)ということになりアカウントをロックされる可能性もありますので、プラス10%くらいは少なくとも賭けましょう。

 

 

 

 

 

 

この攻略法はマーチンゲールを改良した賭金マネージメントで、基本的に約1/2の勝率のゲームで有効です。

 

ブラックジャックでも使えます。

 

・1ユニットの賭け金で開始 (ユニットの金額は自分で決めます)

 

・負ければ、勝つまで1ユニットを継続

 

・勝ったら、負けるまで賭金を1.5倍づつアップ

 

(例: 2→3→5→7→10→15→22→33→45→68・・・)

 

この方法の長所は、勝つときは獲得額がぐんぐん増える上に、もし負けても、獲得額の50%づつを毎回手元にプールしているため、

 

開始時よりは確実に増えているという点です。

 

・「いくらなんでも、ここまで連勝しないだろう」と諦めて賭金を下げるのは禁物です。強い意志で1.5倍を継続すべきです。

 

・負けたとしても元金は増えているわけですから、いっそうの獲得額の増幅を狙うべきです。

 

・この方法は連敗の時のダメージもゆるやかなので、心の平安が保てます。

 

・$100を超える賭け金になった場合にダブルやスプリットのチャンスが訪れるとさすがに迷ってしまいます。

 

ですが、ブラックジャックとは、やはりダブルやスプリットを十全に実行することで、ようやく100%に近い還元率を確保できるのだと思うので、

 

よほどツイていない日を除いて思い切って実行するようにしています。

 

私も早速この攻略法を表計算ソフトで試してみました。持ち金を$100として、1ユニットを$1とした場合のシミュレーションです。

 

・賭けをこの方法で100回繰り返した場合に途中で残金がなくなる確率: 0%

 

・賭けをこの方法で100回繰り返した場合の最高残高: $1,475
(300回の試行による)

 

・賭けをこの方法で1,000回繰り返した場合の最高残高: $2,225
(300回の試行による)

 

・賭けをこの方法で100回繰り返した場合に終了時点の残高が当初の持ち金($100)よりも増えている確率: 33% (100回試行)最後のデータをみますと、

 

単純にだらだらと続けていてはダメだということが分かります。止め時の決定はなかなか難しいですが、

 

これは経験で勘所をつかむしかないです。ただ、確かに爆発力は満点で、$100が$2,000以上に化けるという結果に接した時はすごいと思いました。

 

10連勝しても弱気にならずにどんと$1,000以上を賭けられるかどうかが分かれ目です。

 

それと、最高ベット額の高いところを選ぶのもコツです。(低いところでは賭けたくてもすぐに上限になってしまいます)

 

 

 

 

 

 

 

ジャックポットの法則です

 

「マイクロゲーミング系オンラインカジノのジャックポットが当たる時刻は、一定の時間に集中している。

 

それは、アメリカ中央時間で午前6時から午後5時まで(日本時間で夜8時から朝7時まで)である。

 

午後5時から午前6時まで(日本時間で朝7時から夜8時まで)は当たっていない。」

 

これから先は私の推測です。

 

プログレッシブゲームでジャックポットが当たるタイミングは人為的に決められているのではないでしょうか。

 

例えば先日のMajor Millionsの160万ドルという金額は、世界最大のオンラインカジノでのジャックポット額という話題性を狙って決められたように思います。

 

要するに誰かがどこかでスイッチを押しているのです。

 

それは誰でしょうか。マイクロゲーミングの本部です。

 

この会社はイギリスの会社です。

 

上で言っているジャックポットが当たらない時間とは、イギリスでは夜の10時から午前11時までです。

 

これで分かる気がしますね。

 

当たりのスイッチを押す時間は、イギリスの11:00〜22:00ということです。仕事をしている時間です。

 

スイッチを押す時間としては自然ですね。さすがにオンラインカジノでも真夜中には仕事をしないということです。

 

日本でもマイクロゲーミング系カジノでジャックポットを当てた人が沢山いますが、

 

いかがでしょうか。もしこれを読んでいたら、確かに当たった時間は夜だったと思い出されるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずベットをせずにゲーム(バカラ)をどんどん進めます。

 

もしプレイヤーが連続して6回きた場合、7回目にバンカーに賭けます。

 

もしここで負けたら、通常のマーチンゲールと同様に倍額を賭けます。以下同様です。勝ったら最初に戻ります。

 

カジノオンネットのバカラでは最大ベットが$250なので、最初の賭けの単位を$1にした場合、15回目まで粘れます。

 

15回続けてプレイヤーとなる確率もゼロではないですが、こつこつ続ければほとんど確実に儲かっていくようです。

 

1日に3時間ほど、$40以上の利益を出せると思います。

 

なお、プレイヤーでもバンカーでもなくタイとなった場合は、1から数え直します。

 

そして、必ずしも6回まで待つわけではなく、5回目から賭けたり8回目まで粘ったりします。

 

基本的に持ち金が少ないうちはできるだけベットせずに粘ってから少しずつ増やすのがコツです。

 

 

 

 

 

クラップスはいつもDon't Passに賭け続けていれば最も有利ですがなぜみな他の賭け方ばかりしているのでしょう。

 

ドントパスへの賭けはカムアウトロール前の賭けとしては最も控除率の低い賭け方です。

 

しかしラスベガス等では圧倒的にパスラインへの賭けが主流です。

 

理由は二つあります。

 

一つは喜びをみんなで共有したいとの理由です。

 

例えばブラックジャックでディラーがバーストした場合はEverybody happyで、全員大喜びです。

 

しかし、バカラでは自分の賭けたプレーヤーサイドが勝っても、バンカーサイドに賭けている人がいたら、あまり喜びを現せません。

 

アメリカではバカラよりブラックジャックの方が圧倒的な人気があります。

 

その理由からパスラインへの賭けが主流となるのです。ポイントの目が出て全員で歓声をあげる。

 

アメリカ生まれの陽気なヤンキーゲームの本質です。

 

イギリス等ではパスラインの事をWIN LINE(勝利の線?)と表示されている位です。

 

もしシューター自身がドントパスに賭けたとしたら(シューターはパスラインにしか賭けられないルールのカジノもありますが・・)何か不穏な空気が流れます。

 

全員で「7」出ろ!とか「7」出るな!とか祈っているのに、

 

逆を狙っている人にダイスを委ねるのは野球で自分のチームのピッチャーを敵チームの選手に任せるような気分になります。

 

第二の理由として、やはりフリーオッズの配当の違いがあげられます。

 

フリーオッズはカジノゲームの中で、唯一控除率が0%の賭けです。

 

従ってドントパス+フリーオッズの賭け方がカジノでの最低控除率になるわけですが、

 

ドントパスのフリーオッズの配当は賭け金より少ない配当となり、パスラインのフリーオッズの配当は賭け金の何倍かになるのですから、

 

控除率が低くしかも配当が大きいパスラインの賭け方が主流になる訳です。

 

(控除率がドントパスのほうが低いと言ってもほんの僅かな差です。

 

その為パスラインへの賭けも他のゲームと比べればかなり良い賭けとなる訳です。)

 

要するに高額配当をゲットして、全員でガッツポーズ。これが、クラップスの醍醐味だからです。

 

しかし控除率の少ないかけ方のほうが、有利なのは明白です。

 

オンラインカジノでは皆の視線を気にせずにドントパスへ賭けられます。

 

これがランドカジノよりいいところなのです。

 

 

 

 

 

 

頑張ってください。あまり欲を出さずにやってみてください。

 

 

まずはフリープレーのモードで試してください。

 

(実際にお金を賭けずに出来るお試し)

 

これらの方法の効果を実感していただけるはずです。

 

 

 

忘れないでいただきたいのは、プレイヤーとカジノ胴元ががっぷり組んで長い勝負をした場合、最終的にはカジノ側が有利になります。

 

 

しかし、その間に必ず小さい勝ち負けの波があります。

 

その波が上限になった時を見切ることが大切です。

 

 

ボクシングでいえば、決してKO勝ち(欲を出して大勝負に出ること)を狙わない。

 

判定勝ち(一度の勝ちは小さくて、その日は満足する)を狙う。

 

小さく打って(小さく勝って)は引く(そこで一旦やめる)・・・のヒットアンドウェイです。

 

そして、足をつかったフットワーク(勝ち逃げしながら他のカジノを渡り歩く=このページで紹介したカジノを複数登録することをオススメします)です。

 

 

 

もう少しわかりやすい例えとして、まともに戦ったら勝てないケンカ相手に、一発だけ食らわして後は逃げる・・・これに尽きます。

 

私は目下のところ、これらの戦法でほとんど負けナシの月平均2000ドル獲得に成功しています。

 

 

 

 

必ず!!練習モードで十分練習して自分で勝てると確認・納得してから実践してください。

 

カジノはギャンブルですので誘惑に負けてちょっと大きく賭けてしまったり、辞め時の判断を誤る可能性があります。

 

負け分の保証は一切していませんのでご注意ください。

 

 

私の収益は一日に3000円から10000円ですね。

 

時間があればもっと出来ますが私は他の方法でも稼いでいますので、カジノはこんな感じです。

 

やたら勝つときも確かにあります。でも無理をすると必ず飲まれます。

 

 

 

あまり欲を出しすぎると絶対に負けますよ。

 

これは経験上、長時間のプレイで勝てた事が無い。

 

勝つときは短時間、負ける時は長時間プレイしていることが多いです。

 

このことをしっかり頭に入れておくことが本当に重要です。

 

 

 

大リーグで活躍するイチロー選手の打率は3割ですよね。

 

つまり、10回中3回はヒットですが、7回はアウト、つまり失敗しているのです。

 

それでもイチロー選手はあれほどの栄誉を得ています。

 

 

つまり、あなたも10回のうち3回成功すればいいのです。

 

 

3回どころか、

 

一度でも勝てば成功です。

 

二度勝てばスーパースターです。

 

三度勝てば億万長者です。

 

要は、一度目の勝利を得るために早く7回失敗したほうがいいのです。

 

そして、失敗を恐れてはいけません。

 

 

なんだよ。こんなのもう知ってるよ。と思ったらすいません。

 

しかし実際にオンラインカジノを実際にやってみましたか?

 

まだでしたら是非お試しください。練習モードで十分確認できると思いますよ。

 

 

チップの購入方法、換金方法に関してはカジノサイトで紹介されてますのでそちらをご覧下さい.。

 

 

 

 

 

 

 

換金やチップの購入に関しての質問が多いのですが、基本的にはそれぞれのサイトに説明が書いてあります。

 

メールでの問い合わせも出来るのでと思いますので直接聞いてみてください。

 

 

下記も参考にしてください。他で紹介されてるカジノの情報です。

 

 

 

 

■オンラインカジノとは■

 

インターネットカジノ、ネットカジノなどと称されることもある。

 

インターネットのオンライン回線を使って、実際のランドカジノと全く同じようにリアルマネーをかけてゲームを楽しむことができるシステム。

 

 

【オンラインカジノの誕生】

 

1995年ころに最初のオンラインカジノが登場したといわれている。

 

インターネットが誕生してから、わずか2年後のことである。

 

 

【オンラインカジノの起源】

 

オンラインカジノの始まりはスポーツベットであるといわれる。

 

スポーツベットとは、野球やサッカーなどの試合結果、さらには次期大統領候補やワイドショーなどのネタの結果を予想する賭け事である。

 

従来は専門誌や新聞紙上で行われていた、このスポーツベットだが、1994年には早くもインターネット上で行われるようになった。

 

インターネット上でのスポーツベットが知られるようになると、同様にオンラインカジノも注目を集めるようになり、複数の企業や団体が参画してくることに。

 

大手ソフトメーカーであるマイクロゲーミング社が設立されたことよにより、一躍オンラインカジノが注目を浴びることになる。

 

 

【オンラインカジノの成長】

 

当初はグラフィック、サウンド、セキリティと、どれも問題が山積していた。

 

しかし何よりも質の悪い詐欺まがいの業者が多数参入してきたことが、なかなか普及しなかった要因でもあった。

 

しかし1999年ころから、賭博合法国政府がカジノにライセンスを与えたり、ペイアウト率を大手の会計事務所などの第三者機関が調査、

 

公表することによって信頼を回復し、アメリカを中心に爆発的に人気を博すようになる(アメリカでは2007年に禁止となる)。

 

現在では世界中に約2000ものオンラインカジノが存在するといわれる。

 

 

【日本でのオンラインカジノ】

 

この波は近年日本にも波及し、約50万人のユーザーが存在するという。オンラインカジノ各社も日本人顧客を獲得するために、

 

次々と日本語版ソフトを導入し、日本語による電話やメールなどのサポートを充実させている。

 

さらには、近年パチンコなどの他のギャンブルから、ユーザーがオンラインカジノへ流入するという動きもある。

 

 

【合法性】

 

賭博禁止の日本ではカジノは禁止とされる。

 

しかし、オンラインカジノのサーバーは賭博合法国にあるため、これが違法であると判定するのは難しい。

 

非常に微妙なグレーゾンーンといえる。将来的には、全面的に禁止されるのではないかという意見と、

 

逆にカジノ自体が合法化されるに伴って、ますます発展するのではないかという正反対の意見がある。

 

 

【オンラインカジノの還元率】

 

オンラインカジノがここまで人気を博した理由の一つが、その還元率の高さである。

 

オンラインカジノ以外のギャンブルの還元率は、競馬では60%、パチンコ、パチスロは70%といわれる。宝くじにいたっては45%〜50%ほど。

 

ところがオンラインカジノでは95%〜98%以上という非常に高い還元率で設定されている。中には100%を超えることもある。

 

この異常なまでの還元率の高さは、オンラインカジノでは、人件費や土地代等がほとんどかからないため。

 

つまり経費が非常に少なくてすむ。さらにオンラインカジノは世界中のあらゆる人々がプレイヤーとして参加できる。

 

ランドカジノに比べて物凄い数の参加者となる。よって、通常のカジノよりはるかに多くの運営資金が集まってくるので、その額も膨大な額となる。

 

 

 

【オンラインカジノのゲームの種類】

 

ランドカジノの場合とほぼ同じで、ルーレットを始め、ブラックジャック、ポーカー、バカラ、スロットマシーンなどがある。

 

その他、グラフィックを活かしたカラフルなビデオゲームが多数登場している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■セキュリティーについて■

 

オンラインカジノのセキュリティは、恐らくネット上でもっとも発達しているものの一つだと思います。

 

オンラインカジノを含めた全ての賭博行為で常に問題になるのは、セキュリティと合法性、そして、ギャンブルそれ自体に対する暗いイメージです。

 

 

(例えば、ラスベガスのカジノは、そのイメージを払拭するために非常に多くの費用をかけています。

 

そのため、以前は犯罪とセットだったカジノを家族で行くことのできるアミューズメントパークにまで変えることに成功しています。

 

これは、従来のカジノのイメージからすると驚異的なことです。)オンラインカジノでもそれは同じです。

 

信頼に足ると言われているオンラインカジノ サイトではセキュリティに非常に気を使っています。

 

それは一度でもセキュリティ問題が起きた場合、それがカジノの運営にとって致命的になることを知っているからです。

 

個人情報、特にクレジットカード情報を受け渡すため、情報はSSL(SecureSocketLayer)によって全て暗号化されます。

 

 

と言うことです。優良店は100%安全と考えていいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

■オンラインカジノを楽しむ上で知っておいた方がいい注意点■

 

 

1.ボーナス条件 

 

各カジノで最初に入金する時に大抵ボーナスが付きます。

 

このボーナスを引き出す制限条件があります。

 

各カジノごとによって条件は異なりますが、ボーナス条件をよく読んでください。

 

通常、購入金額プラスボーナスの額の10倍から20倍の金額を賭けないと出金できないことになっています。

 

しかも、対象となるゲームが決められていますので、ボーナス条件を熟読することをおすすめします。

 

申し出れば、ボーナスを受け取らないという選択も可能です。

 

 

 

2.ボーナス条件のクリアについて

 

たとえば。

 

100ドル入金して100ドルもらって資金が200ドルになりました。ボーナス払い戻し条件で、1600ドルかけなければなりません。

 

しかし、そこまで賭ける前に全部すってしまいました。そして新たにチップを購入しました。

 

この時には、最初にボーナスをもらったときの条件はクリアされています。この場合ムリに1600ドル賭ける必要ありません。

 

 

 

3.ボーナスの考え方

 

ボーナス条件は、預金額プラス、ボーナスの合計額の約15倍の金額を賭けなければ、勝ち金を引き出すことができません。

 

確かに、結構な金額なので、もらわないという手段もあります。

 

しかし、考え方次第ではもらっておいたほうが得になることが多い気がします。

 

たとえば、ボーナス条件の金額が1500ドルだったとして、何もその金額を入金するわけではないのです。

 

あくまで、途中で勝って入ってきた金額を次の賭けに使うだけなのです。

 

だから、やってみればわかりますが、ちょっとやっただけで、すぐボーナス条件なんかクリアできてしまいます。

 

何よりも、勝つためには、軍資金が少しでも多いほうが絶対有利なのですから。

 

参考までにインペリアルカジノのサイトからボーナス条件の部分をコピペしておきます。

 

 

 

カジノボーナスチップ

 

エベレストゲーミングのシングルプレイヤーカジノサイトによっては、リアルマネープレイのためのボーナスチップを提供するところもあります。

 

その場合、以下の条件が適用されます。

 

入金条件 ボーナスチップを受け取るには有効な預金をする必要があります。

 

有効な預金とは、最低預金額以上であり、各預金方法の規定を満たし、および各プロモーションで特定されている場合は、その条件を満たす預金を指します。

 

プレースルーの最低条件 特例を除き、預金もしくはボーナスオファーから発生した賞金をキャッシュアウトするには、

 

プレイヤーは「預金額+ボーナス額」の20倍の賭けをしなければいけません。

 

プレースルーの条件(PTR)を満たす前にキャッシュアウトする場合は、残りのボーナスチップ全てと、その時点までにボーナスチップより発生した賞金が没収されます。

 

有効なリアルマネーゲーム 全てのカテゴリーから100を超えるカジノゲームがプレースルー条件の対象ゲームです。

 

特例を除き、下記のリアルマネーゲームがプレースルーの対象となります。

 

 

スロットマシン
 全てのビデオスロットマシン
 全てのクラシックスロットマシン

 

ビデオポーカー
 オールアメリカン - 全てのマシン
 ボーナスポーカーデラックス - 全てのマシン
 クレイジー8 - 全てのマシン
 ダブルジョーカーポーカー - 全てのマシン
 5エース - 全てのマシン

 

テーブルゲーム
 アメリカンルーレット - 300
 マネー ホイール

 

カードゲーム
 ソリティアの全ゲーム
 Caribbean StudR Poker

 

ロトゲーム
 キャッスル キノ
 トレジャーアイランドスクラッチチケット

 

ここに表示されていないその他のゲームでの賭けは、プレースルー条件の対象外です。
利用 ボーナスチップはキャッシュアウトできませんが、リアルマネーでのプレーでご利用いただけ、賞金はプレーヤーの口座にリアルチップとして入金されます。ボーナスチップは他の口座へ移すことも交換することも出来ません。

 

 

 

 

4.負けた時  

 

多くの方が誤解されていますが、もしカジノで負けた場合はカジノで負けただけの金額を払わなければならないと思っていませんか?

 

ご安心ください。支払うのは購入したチップの金額のみです。

 

例えば、最初にチップ100ドルを購入したとします。

 

ボーナスをもらいましたので200ドルになりました。

 

ゲームを進めるうちに勝ったり負けたりで結果1000ドル負けてしまいました。

 

1000ドル分、カジノに払わなければならないのでしょうか?

 

いいえ、最初にチップを購入する時に100ドル払っていますので、これ以上払う必要はありません。

 

 

 

5.クレジットカードでの入金ができない場合

 

クレジットカードがはじかれてしまう理由は、2つあります。

 

1つは、利用しているカード会社がオンラインゲームでの使用を禁止している。

 

2つ目は、利用しているカードがその日の使用上限に達してしまっている。

 

のいずれかです。

 

インペリアルカジノはけっこう使えるカードの種類は多いです。

 

 

 

 

オンラインカジノやバイナリーオプション、さらにブックメーカーでの

 

入出金にはネッテラーやスクリルというサービスを使うのが定番でしたが、

 

現在、両サービスは日本国内での提供を終了してしまいました。

 

しかし、それ以外にもいくつもの入出金サービスがあります。

 

以下に当サイトのおすすめカジノごとに取り扱っている入出金サービスをご紹介します。

 

 

インペリアルカジノ、モンテカルロカジノ、エベレストカジノで使える入出金サービス

 

 Ecopays

 

 entropay

 

 

 

インターカジノで使える入出金サービス

 

 Ecopays

 

 iwallet

 

 venus point

 

 

 

 

ベラジョンカジノで使える入出金サービス

 

 venus point

 

 InstantBanking(ジャパネット、みずほ、りそな、SMBC、三菱UFJ、新生、楽天の各銀行に対応)

 

 iwallet

 

 Ecopays

 

 

 

ウイリアムヒルで使える入出金サービス

 

 Paypal

 

 entropay

 

 

 

ジパングカジノで使える入出金サービス

 

 iwallet

 

 Ecopays

 

 entropay

 

 

 

 

6.「オンラインカジノなんてプログラムをいくらでも操作できちゃうし、イカサマに決まっているじゃん」なんて思っていませんか?

 

 確かに、オンラインカジノ創世記のころには質の悪い業者が数多く、非常に胡散臭い状態でした。

 

しかし、 信頼に足ると言われているオンラインカジノ サイトではセキュリティや信用問題に非常に気を使っています。

 

それは一度でもセキュリティや信用問題が起きた場合、それがカジノの運営にとって致命的になることを知っているからです。

 

 そのため外部からの監査機関の認証を取得し、そのプログラムに一切の不正がないことは証明されているのです。

 

このサイトで紹介されているカジノに関しては、全く問題はありません。

 

 ランドカジノでは半世紀以上にわたってイメージアップの努力を続けて、

 

そのおかげ現在では、ディズニーランドと同じような感覚で家族で遊びにおとずれるアミューズメントパーク感覚にまでなっています。

 

マフィアとかの暗いイメージは現在では全くありません。

 

日本のパチンコ屋や競馬場のほうがはるかにガラが悪いです。

 

 

まず、カジノ側の立場に立って冷静にちょっと考えてみればわかりますよ。

 

大数の法則があるので、何もしなくても最後には同元が儲かるようになっているので不正なんかする必要はまったくないのです。

 

そんなことしてライセンス取り消しやら悪評が立つことよるイメージダウンのほうがはるかにダメージが大きいのです。

 

よって「回収モー」ドというものも存在しないのではないかと思います。

 

 

 

7.勝ったお金を銀行送金する際の注意事項

 

勝ったお金を日本の銀行口座に送金する際、「このお金は何のお金ですか?」と形式的に質問されます。

 

この時に「カジノ」と答えないほうがいいです。送金を拒否される可能性があります。

 

日本でのオンラインギャンブルが法律上の解釈が決定されていない以上、

 

将来禁止となった場合に銀行として違法ビジネスに関わっていたという実績を残したくないため・・・・というような理由と思われます。

 

何か適当な名目を考えておくことをおすすめします。

 

私は「広告宣伝費」と答えるようにしています。

 

 

 

 

8.信用できるオンラインカジノサイトの探し方

 

まず、検索エンジンで「オンラインカジノ」とキーワードを打ち込み検索します。

 

すると、オンラインカジノに関するサイトが表示されます。

 

そして上位10サイトくらいを見てみます。

 

その全てのサイトに名前が出ているオンラインカジノは絶対の信用がおける優良オンラインカジノサイトと判断しても大丈夫です。

 

 

 

9.カジノでは 勝ちすぎると出入り禁止になるか?

 

ランドカジノにしろ、オンラインカジノにしろ、勝ちすぎて出入り禁止になるということはないと思います。

 

本当にカジノが困るくらい勝つ人なんて、ごくわずかです。

 

それ以上に負ける人のほうが多いですから。

 

数百万、数千万くらい勝つ人が一人や二人いても、カジノの経営にはまったく影響ありません。

 

むしろ、非常に宣伝効果の高い販促費として考えていると思います。

 

まず、カジノ側の立場に立って冷静にちょっと考えてみればわかります。

 

大数の法則があるので、何もしなくても最後には同元が儲かるようになっているので、

 

一人や二人の大勝ちした人を出入り禁止にして悪評を立てられるほうが、ダメージが大きいのです。

 

 

 

 

10.カジノ合法化でパチンコ屋は潰れるか?

 

 

日本には世界でも類を見ないパチンコという、ギャンブルともギャンブルでないとも解釈が難しいものが存在していますね。

 

これが、カジノ合法化議論がもち上がっては消えていった最大の原因といってもいいでしょう。

 

3兆円規模と言われるパチンコ業界の反対運動にあえば、法案成立も難しいことでしょう。

 

日本の場合、パチンコ業界への対応をどうするか?これが最大のネックでした。

 

パチンコ業界関係の不安は「カジノが出来たらパチンコの客を全部取られる!」

 

また、「カジノは直接換金できるのに、パチンコは3点方式しかできない!不利だ!」

 

など。

 

今回、上がっているカジノ法案は、こういったパチンコ業界への配慮も盛り込まれている模様。

 

なので、今回ばかりはこれまで以上に実現性が高いということがいえるかと思います。

 

早ければ2010年の秋ごろに法案成立!とも言われています。

 

さて、ここでもう一つ気になるのが、カジノが合法化された時にオンラインカジノの扱いをどうするか?です。

 

ランドカジノを建設すれば、国の税収になります。

 

しかし、オンラインカジノの運営元は国外です。

 

なので国としての収入にはなりません。

 

ジャマな存在でしかないわけです。

 

当然禁止したいところです。

 

しかし、禁止しようにも胴元が国外にいる以上、賭博罪を成立させることができません。

 

オンラインカジノを禁止しているアメリカでさえ事実状取り締まることができない状態です。

 

なので、ほぼ野放し状態。

 

つまり、法律の違い国をまたがって存在しているオンラインカジノを一国の法律で裁くのは不可能なのです。

 

逆に禁止したがために、質の悪い悪徳なオンラインカジノがアメリカで増えているそうです。

 

今の、日本の闇カジノみたいなもんです。

 

なので、アメリカのオンラインギャンブル解禁の方向に向かっているそうです。

 

 

日本はどうするか?

 

本音は禁止したい・・・でも、取り締まれない。

 

@なら、今のままグレーな状態にしておくのが一番面倒くさくない。

 

A一応、禁止ということにして、野放し・・・今のアメリカと同じ

 

このどちらかでしょうね。

 

あなたはどう思いますか?

 

 

もし禁止となった場合、稼げるの今のうちということになりますね。

 

 

これほど稼ぎやすいギャンブルはないのですから、今のうちにジャンジャン稼いでおきましょう。

 

 

 

 

 

注意:オンラインカジノは未成年者の利用は禁じられています。また、オンラインギャンブルが法律で禁止されている国の方はプレイすることができません。ご利用に関してはお住まいの国の法律をご確認の上自己責任でプレイするようにお願いいたします。
当サイトに記載された情報は、私自身が直接間接的に見聞したものであり、紛れもない事実であります。また、攻略法に関しても実証済みではりますが、これをご覧になって試された方が必ず、同じ効果があると保証するものではありません。
また、負けた場合の損失や刑事罰を受ける可能性に関しても自己責任でお願いいたします。
ワイルドジャングルカジノに関しまして、何件かの不払いの報告がありました関係上、事実関係が確認できるまでの間、ワイルドジャングルカジノの紹介を控えさせていただいております。

 

 

 

 

 

ご訪問くださいましたすべての方のご幸運をお祈りいたします。
最後に・・・世界のお金の神様のご加護がありますように。

 

オンラインカジノ攻略法の研究オンラインカジノ攻略法の研究オンラインカジノ攻略法の研究オンラインカジノ攻略法の研究